健康

私 は 安 全 で す

先送りにしていた、親知らずの抜歯を再開した。

以前とは別の病院の別のお医者さんにやってもらうので、ちょっと不安。

「よろしくお願いします!」とご挨拶し、椅子に身を預ける。

ここの歯医者さんは、極力苦痛を取り除く配慮をしてくれる。

前は歯茎にする麻酔の注射の痛さと薬剤が入って行く冷たさに「ひ~~」と固まっていたが、

ここでは、麻酔時の痛みを感じない麻酔薬をまず塗ってくれる。

なので、以降どんな処置も感覚があるだけで、痛みは感じない。

だが、「麻酔が効く前に始まったらどしよう」という不安は残る。

2度に分けたっぷり(?)麻酔してもらい、いよいよ処置が始まる。

ドキドキ…。

「では、麻酔が効いているか周り触りますね。」

との声かけで先生が何らかの器具を使い始めるのだが、

「ガリガリ」と結構本気の勢いが伝わってくる。

もう、歯茎を切開している感じだが、痛みは無い。

「よかった~。麻酔効いてる~。」

安心して、目を閉じる。

「もう、ほとんど抜けてますよ。」

と言われホッとしたが、それからが長かった。

「うん、うん」と先生の頑張りと共に引っ張られる体。

何度か繰り返したが、とうとう先生が息を弾ませながら

「あごの骨がかぶっているので、ちょっと削りますね」とおっしゃった。

以前反対側もそうだったので、慌てない。

「はい、お願いします。」と頷く。

助手の方に指示し、別の器具を手にした先生。

「ちょっと叩くので、頭に響きますよ。」

嫌ですとも言えず、頭を立てに振った次の瞬間、

「カン!!!カン!!!カン!!!…」

タオルで目が覆われているので絶対ではないが、

先生の手にはノミと金づちが握られていると思われる。

(頭蓋骨が割れちゃう~~~!!!!!……)

と心の中で悲鳴を上げ、何度か死をも覚悟した程の衝撃が続いた。

顎の骨を削るといっても、前の病院では、ドリル状のものを使用していた。

(こ、これは想定外っ……!!!)

生まれて初めての感覚を味わいながら祈った。

(生きて家に帰れますように・・・・・っ!!!!!)

処置は無事終了、願い通りちゃんと家に帰れた。

麻酔が切れても痛みは全くなく、今はあの瞬間が嘘のように平和だ。

その後、消毒、抜歯と2回の受診で全ての処置は完了!

「顔の内出血は数週間で消えますから。」

そう、あの時の出血が顔に浮き出て、重力により、ほっぺたから首まで今徐々に移動中。

痛みもないし、鏡も見ないし本人忘れてるが、

気を付けて観察すると、私を見る人の顔が、微妙にひきつる。

家庭内暴力の被害者…。

聞かれてもいないのに、「これ、親知らずの…」と言うのも変だし面倒。

とりあえず、消えるまでなるべく家に籠っていようと思う。

よーし、あと1本!










|

あ り が と う の 輪

初歩の、救命の講習を、受けてきた。

申し込みと同時に渡された、「応急手当て講習テキスト」。

「当日は、短時間で多くのことをやりますので、

それまでに目を通してきて下さい。」

と言われ、早速読んでみた。

副題の「救急車がくるまでに」のとおり、

救急隊に引き渡すまでの措置(AED使用)で、

その後の社会復帰率が倍ほどに急上昇!

救命の連鎖の中で、

いかに市民の役割が大きく、大切かが身にしみる。

(こ、こんなにできるかな・・・・・)

読んで行くうちに、緊張。

自然に鼓動が速くなる。

この読むだけでドッキドキのテキストを携え、

講習場所に向かう。

既に床に横たわっている数体のお人形さんを見て、またドキドキ・・・。

しかし救急隊員の方々は皆気さくな雰囲気で

こちらの緊張をほぐしつつの説明を受ける。

この時印象に残ったことの1つは、

「救命の仕方も変化している」ということだ。

例えば以前習った止血方法は

「より心臓に近いところを布等で縛る」だった。

だが現在では、「清潔な布を強く当てる」だ。

以前の方法だと先端部への血流が遮られ、

失血以上のダメージを負いやすいからだそうだ。

手元のテキストは、2010年のガイドラインを元にまとめられたそうだが、

他にも

胸骨圧迫の深さやリズムなど、6点がそれまでのものとは変更されているそうだ。

ということは、今日受けたから終わりではなく、

今後も「最新の処置」を学ぶ必要があるということだ。

(あわわ、ますます責任重大だ・・・)

その後、指導者1名に受講者5.6人の班になり、

実習開始。

全員が、説明を受けた通りの流れでお人形さんを助ける努力をする。

ちなみに、人工呼吸のお口はアタッチメント。

開始前に各自1つづつお人形さんの唇が配られ、

選手交代の時に外して付け替える。

成程、「取れにくいから、口紅つけてこないでね」と言われた訳である。

お人形さんのボディは、なめらかで柔らか。

結構女の私でも簡単に5㎝は沈められる。

が、思いの他早いリズムで30回圧迫し、

合間の10秒以内で2回の人工呼吸を一人で続けるとなると

かなりな体力が必要だろう。

周りの人を大声で呼び、通報する人、AEDを探してくる人を確保し、

その人たちが戻ってきたら、交代をお願いしなければ

救急車の到着時間(富里の場合7~8分)、

続けられない可能性もある。

先日、

中学生の女の子が自宅でお父さんを助けたニュースを見た。

学校で習って、うろ覚えだったが頑張ったそうだ。

とにかく1度やっておけば、

誰もが身近な大切な人や、急に倒れた人を救える可能性は大きくなるということだろう。

講習後、

家に帰って改めてその女の子の立場を想像してみる。

(お人形さんと違って自分の胸骨、カチカチだよ。

5㎝も沈むかな~?)

と思っても、既に講習を済ませている家族に

「ちょっと私で試してみて」と頼む訳にもいかず。

逆に「やらせて」とも言えず。

(危険なので、絶対に救急の時以外やってはダメなのだ!)

ぶっつけ本番でやれた女の子のスゴさに、改めて驚嘆だ。

先日JRの駅で、感動の救出劇があった。

たまたま読売の記者さんが居合わせ、撮影。

その記事が、世界中で称賛されている。

女性を助けるために、40名程の乗客たちの協力が瞬時に集まり、

なんと

8分後には電車が動き出したというではないか!

「こんなことが出来る日本人は、どんな教育を受けているのか?!」

そう教育は大事!

そして、

助け合うことは

気持ちいいことなのだ。

大人も子供も1度はお人形さんのお世話になれるよう、

自治体や教育機関は努力すべきだ。




| | トラックバック (0)

み に ど ら ご ん

今年の花粉症はすごい。

花粉症歴20数年。

しかし年数を重ねるごとに症状は緩和。

「例年の10倍!」

とニュースで騒がれる年でさえ近年は、

ひどい時だけかかりつけで処方してもらった薬を飲めば、

凌げていた。

が!

「これは、なんだっ!」

朝となく昼となくまとわりつく

終わりなき症状。

「こ、このままでは

正気を失う・・・・!」

まで追いつめられ、焦る。

慌てて薬袋を手に取る。

家族全員分の余った薬を溜め込んでいる、

スーパーの袋の結び目をほどく。

「ガサガサ・・・・」「あった!」

自分の名前が書かれている薬の袋の日付は、

平成18年。

(・・・・・・・・)

さすがの私でも、ちょっと躊躇した。

しかし今日は、日曜日。

病院は、お休みだ。

「よーし!」

勇気を持って、飲む決意をする。

もしものことがあっても対処してもらえる、

家族全員が揃った時間帯を選んで

「ごくり」。

お陰さまで無事に、現在まで生かされている。

症状は見事に抑えられ、

ほっ。

週明けに、新たな薬をもらうべく病院に駆け込んだ。

久しぶりに訪れたそこは、

先生の代がわりもあり、待合室の雰囲気からして、

違っていた。

「どうされました?」

しかし

にっこりと問いかけてくれた受付のお姉さんはお馴染みのままで、

心強い。

「花粉症で・・・」

「ではこちらに記入して下さい。」

すっかりご無沙汰してしまったので、カルテも無く初診患者だ。

(どんな先生かな・・・・?)

ちょっとドキドキしながら聞き耳を立てていると、

何と、自分の前に呼ばれた4人全員が花粉症らしい。

先生は丁寧にその都度、

「どの薬を出しましょうか?」

と問いかけておられる。

前の先生は症状を聞くと

「これとこれ出しますね。」

とバンバン決めてくれたので、

「ありがとうございます~。」と受け取るだけで良かった。

(そ、そうか。自分で決めなきゃいけないのか・・・。)

同じことを問われたら、何と答えるか。

考えているうちに名前を呼ばれ、

慌てて立ち上がる。

診察室の中には、優しそうな笑顔。

花粉症で、7年前にもらった薬を飲んだことを告げると

顔をしかめて、諭される。

「クスリの期限は3年位だから、そんなの飲んじゃダメだよ。」

「は、はい・・・。」

小さくなっていると、優しく話し出す先生。

「じゃ今日は、新しくお薬出しますね。」

そして、例の質問「どのお薬がいいですか?」

さっとボードを取り出し見せてくれる。

見ると、10数種の実際のお薬が、貼りつけてある。

「下に行くほど、強いです。」

「体に負担のないお薬がいいでんすが・・・。」

と答えると、漢方薬もあると教えてくれる。

失礼かとは思ったが、正直に口にする。

「漢方薬って、即効性あるんですか?」

西洋医学のお薬よりも穏やかな分副作用が少なく、長く飲むことで効いてくる。

そんなイメージがあったのだ。

しかし先生、「効く人によっては、すごく効くんですよ!」

と、前のめり気味で力説なさる。

「そ、そうなんですか~。じゃ、お願いします。」

万が一効果が無かった時の保険に、

弱めの錠剤もお願いして、診察室を後にする。

正直医学の進歩に期待し、

副作用がなく、ビシッと効く新薬があるに違いないと思ったが、

7年位では、素人の目に見える程の変化はないようだ。

なぜなら、私が週末飲んでいた平成18年のお薬も、

ボードに貼ってあったから。

それも、「最強」のスペースに。

(前の先生は、すごいの出してたんだな~)

(どうりで、一回飲むと2・3日効いてたはずだよ・・・。)

などと感慨にひたりながらハンドルを握る。

早速、もらった漢方薬を飲んでみる。

「小青竜湯」

湯呑に入れ、お湯で溶いてゴクリ。

甘酸っぱい感じで、ちょっと飲みにくい。

それを見た家族が、言う。

「普段薬飲まないから、効くんじゃない。」

ちょっと体調が悪いと先回りして薬を飲む家族と正反対で私は、

滅多なことでは病院に行ったり、薬を飲んだりしない。

お陰さまで、

多少グズつく時間帯はあるが、飲む前よりもずっと快適に過ごせるようになった。

有り難や

有り難や。

| | トラックバック (0)

「じゃ、高度先進医療特約不要かな~?」

「そもそもそんなに医療保険かけなくても、いいのかも。」

保険の見直しを考えている最中、

そう思わされる本に出会った。

それは

医師 中村仁一氏の

「大往生したけりゃ医療とかかわるな『自然死』のすすめ」

幻冬舎新書 760円+税

だ。

中村氏は老人ホームの付属診療所で長年、

日々入所者さん達に接している。

ゆえに

様々な人生の終え方を見てこられた。

その氏が得た結論は

ご本の目次にズバリ書かれてある。

第5章

「健康」には振り回されず、

「死」には妙にあらがわず、

医療は限定利用を心がける

だ。

目次には私達の常識に真っ向から反する

文言がいっぱい。

中でも一番インパクトが強いのは、

「死ぬのはがんに限る」

だろう。

読む前は半信半疑だったが、

「成程~!」と納得。

がんが恐ろしいと思う理由はいくつかあるが、

中でも

「進行するにつれ痛みが増し、

苦しみのたうちまわる程の激痛の中

亡くなっていく。」

と言われるからだ。

しかし氏によると、

そうではないという。

がんの3大治療は

手術

抗がん剤

放射線

だが、

それらを一切せずに完全放置すると

痛みを感じず

最後まで穏やかでいられるらしい。

「まだ死にたくない!」

という執着を持たずに見れば

確かにがんは「時期」を告げてくれるので

準備が出来る。

しかし

「いきなりそんな風に言われても、

簡単に割り切れない!」

とお思いになることと思う。

だが、このご本を最初から読むと

「自然にまかせる」方が断然いい!

と思えるようになる。

老齢期に達した人に

一般的に行われている「医療」が

「本人にとってどうか」が分かり

恐ろしいからだ。

唐突だが

スピリチュアルカウンセラーの江原さんが言っている通り、

「この世は就業の場。

それを終え、あの世に里帰りする」

のなら

お引越しの「準備」がいかに大切か分かる。

この世の引越しなら

荷物を一つ残らず新居に運ぶ。

しかしあの世へは、

何一つ持っていくことは出来ないからだ。

中村氏の提唱する死に方は

生き方も楽にしてくれる。

普段出来るだけ避けて通りたい「死」について

これ程明快で実践的なアドバイスをしてくれるお医者さんは

なかなかいない。

お勧めだ!!

| | トラックバック (0)

ま  た  来  年

「今年はまだ来てないよね!」

花粉症仲間と会う度に

確認し合う。

いつもなら2月と言えば、

花粉症の始まり。

毎年今頃は、

朝夕を中心に

「ぶゎくしゅぅ~~ん!!」

を連発している。

ところが本日、

真っ昼間外に出た途端

「(鼻の中)ツーン・・・くしゅん!」

花粉症特有の症状が。

「うわっ、やっぱきた!」

とほほ・・・・。

「ひょっとして、

治っちゃった?!」

という期待は今年も

泡と消えた。

| | トラックバック (0)

現 地 レ ポ ー ト

例年ならこの時期

朝夕「グシュグシュ」している頃だ。

ところが今年は、

まだ平気。

なので

「有り難や~

有り難や~~。」

と、庭仕事に精を出している。

毎年杉花粉を大量に製造し

東京方面に飛ばす

「始まりの地」富里だけあり、

車でちょっと走っただけで、

杉林があちこちに見つかる。

いつもなら息を止めながら通り過ぎるのだが、

今年はちょっと余裕で「お花」を観察。

すると

ニュースでやっていた通り、

普段なら栗の花のように

花穂の上から下までびっしりとついている蕾が、

先の方にちょっとだけだ。

「やった~~っ!」

今年は、楽に済むといいな~。

| | トラックバック (0)

早めに行けばすむことだけど

この頃色気度外視で

腹巻付パンツを愛用している。

2枚しかなので、

ヘビロテだ。

大分前通販で試しに買ってみたが、

トイレの時問題でお蔵入りになっていた。

しかし

昨年体調を崩した時洗濯が出来ず、

タンスから消費するばかりの日が続いた。

その時発掘され

久しぶりに使用したのが

見直しのきっかけだ。

「トイレの時が問題」

とは、どういうことか?

と、思われるかもしれない。

以降、

お聞き苦しい部分があるので

ご気分を害されたらお詫び申し上げます。

唐突だが私は、

体が固い。

各関節の可動域が

人様よりもずっと狭いようだ。

よって

ブラジャーのホックをするのも一苦労。

極限までビローンと伸ばしてでないと届かないので、

ブラジャーの寿命がすごく短くなってしまう。

ご存じの方もおられようが、

腹巻パンツの「腹巻」部分は

商品によってかなりバラツキがある。

おへそが隠れる程度のものもあれば、

胸まで隠れ

「チューブトップかl?!」と突っ込みたくなる程長いものまで様々だ。

お蔵入りになった初号機は正にそれ。

それをはいているのを忘れ、

いつも通り膀胱さんの限界でトイレに飛び込むと

手がなかなかゴムに届かず。

(ぬ、脱げない~!!)

で、

ちびってしまいそうになるのだ。

かくて

「これ、危険。」

と判断され、奥へ奥へ。

しかしこの頃は、

毎晩のストレッチのお陰か大分ほぐれて来た。

お陰で、

腹巻パンツもスムーズに着脱できるように。

なので安心して、

毎日お世話になっているという訳だ。

暖かいだけでなく、

利点もある。

今までパンツプラス腹巻だったので、

ボトムのウエストがパンパンに。

しかしパンツ一枚で済むと丸まったりずり上がったりもないし

下腹スッキリ。

ズボンのファスナーもスムーずに上がり、

スマートになった感じで気分がいい。

「体を温めて病気知らず」

の石原結實氏も

一年中腹巻をすることを推奨しているし

腹巻パンツ

お勧めだ!

| | トラックバック (0)

目  方  で  ド  ン  !

タニタの体重計が、

壊れてしまった。

壊れてしまったというより、

壊したのだが。

脱衣所から家族の

「おわっ?!」という悲鳴。

駆けつけると、

体重計が2つに分かれていた。

本体の上に被さるようになっていた

足を乗せる部分が

角を踏んで持ち上がり倒れた際

「パカッ」と

外れてしまったのだという。

「あらら。」

慌てて元に戻したが、

以降

体重計に乗っても、

うんともすんとも反応しなくなってしまった。

「登録」などメモリー部分の操作は

今まで通り出来るので、

電池がズレたりしたのではなさそうだ。

タニタさんに電話すると、

内部の故障が考えられ、

保証期間を過ぎているので、

最大8千円程かかるという。

プラス、送料もかかるだろう。

(たしか、1万円位だったよね・・・)

と考えるとすぐに

「お願いします!」

とも言えず。

家電店の修理コーナーで修理見積もりをしてもらうことになった。

使えなくなって2週間。

その間当然体重管理は「カン」などになる。

確実なのは、

スキニーのパンツだろうか。

足を通し、腰を入れる度

ドキドキ・・・・。

(お、まだ大丈夫!)

とか、

(ぎゃっ!キ、キツイ・・・・!)

など、

人知れず心の中で悲喜こもごも。

早く、帰っておいで~!!

| | トラックバック (0)

ど っ ち み ち カ ビ は N G

自分の判断ミスで家族のお腹をこわしてしまい、

猛反省。

落ち込んでいたところ、新たな事実で状況が変わってきた。

一日中布団の中に横たわっていた間に、

一緒に食事をしなかった他の家族達も

倒れていたというのだ。

「えっ!そうだったの?!」

後から聞いて、びっくりだ。

(もしかして、ノロ・・・・・・?)

早速調べて見る。

するとノロウィルスは、潜伏期間がすごく短い。

24時~48時間で、

あっという間に症状が出てくるという。

感染力は強く

しかし症状は健康な人なら軽いという。

(むむ・・・・・・)

読めば読むほど、

我が家に起きた現象と一致する。

自分の落ち度を

病に責任転嫁したいという欲求が

ムクムク。

ともかく、

強力な寒波到来で

寒さ本番。

皆さま

年末年始に向け

くれぐれもご自愛ください。

| | トラックバック (0)

一  球  入  魂

「当たった・・・・・・・」

「チーズに当たった・・・・・・・!」

「不覚でござる・・・・・・・・・。」

カビの生えたチーズは、

食べてはいけないと身を持って思い知らされた。

「お餅とチーズのカビは、

取れば大丈夫」

って、どこかで聞いたような・・・・・?

という訳で

トマトソースのスパと一緒に食した。

一緒に食べた家族が

まず

倒れた。

そしてもう一人の家族

とドミノ倒し。

下痢と吐き気で苦しむこと数時間。

ここで、

長い人生初めての経験をさせてもらう。

(も、もう駄目っ!)

と口元を押さえ

トイレに駆け込む。

構えると同時に

「ポン!」と。

そのタイミングと勢いが

まさしくお腹の底から

不要なものをまとめて投げてよこしたような

一発だったのだ。

昔から

「○いてしまえば楽になる。」

と皆言っていたが、

正直苦しいばかりで同意しかねていた。

しかし今回は違った。

投げ返された球が着地すると同時に

得も言われぬ快感に包まれ、

うっとり。

(も一回、きてもいいな・・・・・・)

と、心の底から思えたのだ。

よほど体君は、

カビチーズが嫌だったとみえる。

その一球ですっかりお腹の不調は納まり、

後に残った体の節々の痛みとだるさを相手にすればいいので、

グンと楽になった。

それにしても

「ポン」

気持ち良かったなぁ~。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧