美容・コスメ

ぎぶみ~ おっぱい

久しぶりに会った友人が、

驚くほどのナイス・バディに!

「ど、どうしたのっ?!」

余りの変わり様に、

思わず前のめりになる。

「うふふ」

意味ありげに微笑む友人。

彼女の言うことには、

ただ、

下着を変えただけだという。

「ほほ~!」

一部で密かに続いている、

補正下着ブーム。

数十万という驚きの先行投資をすれば、

短期間でグングン体型が変わるという。

「自分ではとても始められないが、

経験者特に、

成功体験を持つ使用者の生の声が聞ける!」

とワクワク。

あれこれ質問攻めにしてしまった。

にもかかわらず、快く応えてくれる友人。

自分の体を使って、

実際にどう使っているかを

説明してくれる。

彼女の説明をかいつまんで書くと、

とんでもないところから持ってきたお肉を、

正しい手順で下着に納める。

すると、

ついて欲しい部分に

見事定着するのだという。

「へぇぇぇぇ~っ!!」

聞いていると、

驚きが止まらない。

豊かな上向きバストと、

キュッ

とくびれたウエスト。

ヒップも形よく締まり

タイトなスカートをセクシーに履きこなしている。

「いいなぁぁ~!」

ため息とともに

ダメもとで頼んでみる。

「ねね、お胸余ってたら、

少し分けて!」

チラリと私の胸部に視線を向け

スッとそらす彼女。

「そうできたら

してあげたいけどね・・・・。」

ズ~~~~~~ン。

| | トラックバック (0)

ぶどう果物?

今日はやけに出るな・・・・・?

お腹の張りの原因、ガスである。

そのお陰か、お通じもいい。

気体も固体も、食べたらすぐ出る。

という、正にところてん状態に。

有難や~と感謝しつつ、原因を追及せずにほったらかす。

という、癖がある。

その状態が3日程続いただろうか。

気付いたら下腹が、ぺったんこになっていた。

おぉ、すごいっ!

鏡に横向きになって確かめると、自分のお腹じゃないみたいだ。

ここまできてようやく、原因が気になり始めた。

(いつもと違うことしてるっけ?)

すると、ピカン!

お風呂だっ!

と思いつく。

毎晩お風呂に入るとき、アロマオイルを垂らしている。

その日の気分で変えるのだが、食べ過ぎが続いたので、グレープフルーツの精油を使っていたのだ。

グレープフルーツがダイエットにいい。

と話題になった理由は、脂肪燃焼効果があるとされたからだ。

他にも、代謝をアップする働き、利尿を促進する働きがあるとのこと。

こんなにいいものを、どうして今まで使わなかったかというと、柑橘系の精油だから。

柑橘系の精油を肌に使って日光にあたると、シミになるので注意。

と聞いたからだ。

けれど精密な体重計で毎日計測していると、やっぱり少しの増加も気になる。

ましてやお付き合いで食べ過ぎが続き、このままでは大台を超えること確実。

こうなったら、グレープフルーツ様におすがりするしかない!

お風呂に入れても一晩経ったら、お日様にあたっても大丈夫だよね。

と思い直し、使うようになった。

使ってみるとまず、その香りの爽やかさにメロメロ。

はぁぁぁ~~・・・・・。

と、浴槽につかり、体の奥から深呼吸。

お風呂から上がっても爽やかモードは続き、お陰さまで寝付きも良くなった。

その日を境にやみつきになり、このところ毎日お世話になっていた。

それ以外いつもと違うことはしていないし、お腹ぺったんこの原因は、グレープフルーツ以外考えられない。

期待した脂肪燃焼効果の程は実感するまで至っていないが、デトックス効果もあるとは。

思わぬ副産物に、大喜び。

但し精油は成分がギュッと濃縮されているので、極少量で効果がある分、使いすぎに注意が必要。

対して果物は、デザートとしてそのまま頂けば、生で食することでしか取れない栄養素や成分を吸収できる。

ジメジメしたこの季節にピッタリの、グレープフルーツいかがですか?

| | トラックバック (1)

わたし~から~♪  タッチ!

なのはな生協で、はちみつのリップバームを買った。

山形の山澤清さんが、無農薬、無化学肥料で育てたハーブから作られた、こだわりの品々。

商品案内には、3種。

ピーチ、オレンジ、ローズ。

どれにしようかな~?

と、どれも迷う程、使ってみたいものばかりだ。

悩みに悩んで、今回はローズに決めた。

届くなり、早速使ってみる。

指で塗るタイプで、最初は硬くて伸びにくそうだと思ったが、するすると付く。

塗ったところから微かに赤味がさし、華やぐ心地。

これ、いいっ!

残り2種も注文すればよかったと、後悔した。

山澤さんのこれらのシリーズ、この頃定期的に扱われるようになって有難いのだが、少々品数が少ない。

と思っていたら、今回は両面チラシでのご紹介。

初めて見るものが沢山で、嬉しくなってしまった。

ハニーリップバームもその一つで、容器からとてもおしゃれで、可愛い。

他に、新発売のUVケアバームも、とても魅力的。

車を運転すると、どうしても右側の手や腕が日焼けする。

日焼け止めのお手入れ用品は世にたくさんあるのだが、化学物質の塊なので、日光にさらされることで、皮膚上で化学反応を起こす恐れあり。

という記事を読んでから、怖くて使えなくなった。

山澤さんのは、その点安心だ。

次回扱いがあったら、夏に備えてぜひ注文したいと思っている。

今私が使っているスキンケアは、山澤さんのローズヒップシリーズ。

とても香りが良くて、使う度ゴージャスな気分になれる。

お肌の調子もいい。

といいつつ、申し訳ないが、「お試しセット」で購入させてもらっている。

今回も注文しようと思ったら、クマザサの「お試し」があったので、またすごく迷った。

が、オイリー肌によさそうなので、家族と一緒に使おうとこちらを注文。

どちらが私には合うのか、楽しみだ。

今回もチラシの山澤さんのお顔を、凝視。

やっぱり、ツルツルすべすべで、とても60代には見えない美肌っぷりだ。

五月雨を あつめて早し 最上川

の河川敷にハーブ畑を拓いて育てておられるとのこと。

今度山形に行く機会があったら、是非行ってみたい。

そして、ぷりぷりのほっぺたを、触らせてもらうのだ。

| | トラックバック (0)

へップバーンの神話

とある化粧品のCMで、京美人がはんなりと呟く。

「何にもしてません。○モホ○○リン○○をつこうてるだけですぅ~。」

見る度、つっこむ。

それを、「してる」っていうんじゃ・・・。

と。

お美しい人は大抵、褒められる度、合言葉のように「何もしてないんですよ。」と答える。

本当でも嘘でもいい。

例え秘儀を教えてもらっても、「元」が違うし、たぶん実行できないだろうから。

以前化粧品で肌がかぶれ、美人皮膚科医さんにお化粧を禁止されて以来、気楽なスッピン生活をしている。

肌につけるものを極力控え、お風呂から上がったら、ハーブウォーターをはたく位か、乾燥してるときは更に精油が入ったマッサージオイルをつける程度にしている。

しかし、お肌の曲がり角をとっくに過ぎ、「このままで大丈夫だろうか?」と心配になる時もある。

かといって、いいお値段のエッセンシャルオイルや、栄養クリームを買って試す勇気もない。

肌に合わなかったら、無駄になってしまうからだ。

先日、なのはな生協で、ローズヒップのお試し化粧品を買った。

両親のルーツ、山形県の庄内で、20年以上無農薬、無化学肥料でハーブを作ってこられた、山澤清さんのローズヒップを使った、自然派コスメシリーズ。

石けん、化粧水、クリーム、美容液の4つ全てに、ローズヒップが使われていて、これで千円ならということで。

ローズヒップには、ビタミンCがレモンの20倍も入っており、他にもお肌にいいとされる成分がたくさん含まれているという。

お茶は飲んでいるが、お肌につけるのは初めてだ。

ローズヒップの効用に加え、購入を決めた最後のひと押しは、山澤さんご自身のお写真だ。

何とも人の良さそうなロマンスグレーのおじ様が、ハーブ畑をバックに微笑んでいる。

そのお肌が、とてもきれいなピンク色で、つやつやピカピカなのだ。

シワも、ないように見える。

山形の自然環境と、お暮らしぶりによるものか、それとも・・・。

山澤さんもこのコスメ、使ってるのかな・・・・?

もしそうだとしたら、効果を示すのに、すごい説得力だ。

届いたものを、早速つけてみる。

基礎化粧品というものを、数年ぶりにつけた。

おぉっ!

たちまち肌に吸収され、しっとりだ。

バラの香りも、心地良い。

見ると成分に、「ローズ油」とある。

ほほー、ということは、バラの親子丼ですな。

つけても荒れることはないし、お肌の調子は、とてもいい。

これは、続けられるかも。

と、毎晩ワクワクしながらお手入れしている。

生協のチラシを取っておいて、読み返していると、あることに気付く。

ん?

大体は、一単位の量が多い程、グラム当たりの単価が安くなる。

しかしこれは何故か、「お試し」の方がお得なのだ。

例えば「クリーム」は、30gで4,830円。

お試しは、10分の1の3gなので、単純計算で483円。

これだけでもう、「お試し」のほぼ半額分だ。

シリーズで使い続けるなら、正規のボトルで買うよりも、「お試し」を買い続ける選択もありか。

ところで、「お試し」で一番好きなのは、「石鹸」だ。

人の手で40分かけて練り上げ、30日間自然乾燥させて作るというそれは、ちょっとゴツゴツしているが、いかにも手作りという感じで、可愛いまんまるだ。

使うと優しい泡がたち、洗い上がりが突っ張らない。

そのあとつける化粧水やクリームが、スッと肌に馴染む感じだ。

化粧品もいいが、山澤さんの美肌っぷりも、一見の価値あり。

ぜひ、ご覧になってみて下さい。

「山澤清の有機ハーブ物語」

お問い合わせ先 株式会社オードリーインターナショナル        0120-800-897

| | トラックバック (1)

ま  っ  し  ろ

ショウガ紅茶などを愛飲していると、てきめんに茶渋でカップが染まる。

以前なら、塩素系漂白剤でまとめてつけ洗いしていた。

効果抜群で、たちまち真っ白になったが、今は家に置いていない。

「混ぜるな危険」など、体に及ぼす影響が心配になったからだ。

今は、酸素系の漂白剤を使うようになったが、やはり効果がマイルド。

塩素のようには、すっきりといかない。

他にいい方法は・・・。

と思っていたら、「せっけんクレンザー」に出会う。

粉せっけんに、研磨剤を混ぜたものだ。

これを湿らせたスポンジに振りかけ、カップを擦る。

すると、たちまち真っ白に。

「まとめて漂白」の頃は漂白液がもったいないので、汚れものがある程度たまるまで我慢していた。

が、これだと、気になったものをその場でキュキュキュと個別磨きできて、精神衛生上もいい。

これで、カップの汚れを気にせず、心おきなく紅茶が飲めるようになった。

そんなある日、鏡の中の自分に違和感が。

あれ?

口を「イ~~ッ」すると、前歯の所々が変色している。

虫歯ではなさそうなので、放っておいたら、どんどん範囲が広がって、色も濃くなってきた。

もしかして、歯が腐って来ちゃったのかも・・・・。

慌てて、かかりつけの歯医者さんに、かけ込む。

歯が、茶色くなって来ちゃったんです・・・。

泣きださんばかりに訴え、口を開ける。

一目見た先生は、あっさりとこう言った。

「お茶とか、好きですか?」

「毎日紅茶を飲んでます」

「茶渋ってね、お茶碗だけでなく、歯にもつくんですよ」

そう言うと、チューブから歯磨き粉状のものを絞り出し、回転ブラシにつけ、スイッチオン。

グリィ~~ンと歯に押しつける。

「はい、うがいして下さい。」

鏡を手渡され、効果を確認させてくれる。

わ~い。綺麗になってる。

そうか、茶渋だったのか~。

何度も繰り返しながら、帰途に就く。

心配ごとから解放され、ニタニタしながら。

研磨剤の入った歯磨き粉を使いすぎて、歯の表面を逆に傷つけてしまうと聞いてから、水磨きしていたが、先生から「たまには研磨剤入りの歯磨き粉使ってね」と注意された。

しばらく守っていたが、なんとなく水磨きのみに戻ってしまっていたある日。

あ、着色が始まっちゃってる。

気がつくと、前歯数本が、茶色に。

その度に歯医者さんに行くのは、面倒だ。

・・・・・・。

さすがの私も、少しの間ためらった。

が、決意して、「せっけんクレンザー」のボトルを手に取る。

人差し指の腹に、ちょっと振り、口の中にこぼさないよう、歯に当てる。

キュ、キュ。

おぉ、落ちてる落ちてる。

しかし、歯と歯の間に近いところなど、指では届かない。

歯ブラシを手に取り、パラパラ。

シュ、シュ、シュ。

おぉぉ、真っ白だぁ~!

「せっけん」であることが、大事だと強調したい。

よい子は、真似をしないでね。

| | トラックバック (0)

トライ トライ!

「このごろニキビが増えてきた。」と言い出す家族。

若さを強調したいのかとも思ったが、一応相談にのってあげる。

テレビのCMで、盛んに流れている商品名が、頭に浮かんだので口にする。

ほら、「お試し」ってあるじゃない。

申し込んでみたら?

早速ネットで申し込もうとする家族。

が、お試しセットは、ないらしい。

最初にトライアルセットを購入し、60日間試して、効果がなければ返金するシステムになっているようだ。

あら、「ド○○○ン○○クル」や、「○ず○」などと混同していたのか。

試したいなら、取り寄せてみれば?

と、画面を覗き込む。

お値段を見て、「!」。

気軽にGOサインを出せる価格ではない。

普段お化粧は一切しない、私。

よって、数千円のモイスチャークリームや、ウン万円する美容液がお手元にある方々はそうでもないのかもしれないが、お手入れ用品のお値段相場に、免疫がない。

・・・・。

急に黙り込んでしまった私を、恐る恐る振り返る家族。

「却下」の気配を悟り、自分の部屋に籠ってしまった。

本当に、効果あるのかな?

空いた席に座りこみ、使った人の声を、ネットで集めてみる。

すると、大方は好感触で、熱烈にお勧めしている人も少なくない。

ほほー。

が、刺激が強いと言う人や、「いい匂い」を気に入っている人もいるので、「いろんなもの」が入っているに違いないと、警戒心をもつ。

使用を止めると、またニキビが出始めるという声も複数あり、気になった。

2か月使ってみて、効果が実感できなかったとしても、散々使った後だけに、「お金返して」とは言いにくい。

それ以上に、家族の肌に合わず、深刻なトラブルが起きてしまうことの方が怖い。

お金をかけず、しかも安全な方法があるはずだと、ない知恵をしぼる。

そうだ!と思いつき、お風呂上がりの家族をつかまえて、提案する。

「洗顔は、全身用の竹炭シャンプーでやってみて。」

普段は洗髪にしか使っていないが、馬油から作ったもので、お肌にマイルドなことは確かだ。

しかも竹炭が、いろいろな不純物を吸着してくれるだろうし。

「そんで、洗顔後は、冷蔵庫に入ってるラベンダー水をスプレーね。」

ラベンダーは、オイリー肌にいいと聞いたことがある。

これでしばらく、様子見ようよ。

と、説得する。

今一つ不安が残るのだろう、複雑な表情でうつむく家族。

もうひと押しと、更に続ける。

「ね、思い出してみて。家族にも親戚にも、しつこいニキビで悩んでいる人、一人もいないでしょ。」

「きっと、そのニキビも、一過性のものだよ。」

ゴマすりのセールスマンのような作り笑いを浮かべ、まくしたてる。

これは、提案などではなく、もはや命令。

そう、悟ったのだろう。

とうとう、複雑な表情を浮かべた顔を、縦に振る家族。

相手の気の変らぬうちに、「じゃ、これで解決!」と、勝手に締めくくる。

ちと、可哀そうだったかも。と、内心反省。

が、これがダメなら、また次の手を探せばいい。

アバウトで、ごめんね。

| | トラックバック (1)

へなちょこなんかじゃ

初めて、ヘナを使ってみた。

市販の髪染めは、かなり体にダメージになる。

それに対してヘナは、体に優しい植物原料から出来ているので、髪染めと同時にトリートメント効果もあると、なのはな生協では、ずっと推奨してきている。

以前そのなのはな生協主催の、「ヘナ講習会」に参加した。

母は、パーマと髪染めを同時に、行きつけの美容院でやってもらっている。

どちらか一方だけでも、強い薬剤を使うのに、両方を同時にとは、かなり心配だった。

そこで、髪染めだけでも安全なもので、との思いで参加したのだ。

2名の方がモデルになって下さり、詳しい手順やコツを伝授してもらって、早速母に試す。

が、母は、面倒だと感じたのか、それとも、どうせパーマで行くからと思ったのか。

以降、一度もリクエストされることなく、いつもの美容院に通っている。

時は流れ、周りがオシャレにカラーリングを楽しんでいるの横目に頑張って来た自分も、そろそろ気になる状態になって来た。

先日、久しぶりに美容院でスッキリして帰ってくると、水面下に隠れていた白組が浮上。

一気に危機感が高まり、ヘナへ手が伸びたのだ。

かなり時間が空いてしまったが、講習会で実際に見ていたのは、大きかった。

自分でもびっくりするほど、うまくいったのだ。

その時伝授されたコツは、2つ。

水分と、温度だ。

ヘナは、緑色の粉末状態。

それを、マヨネーズ状になるまで、41・2度のお湯でねる。

タレたり、流れるようでは、水分が多すぎだ。

よく混ざったら、地肌からたっぷりと入れていく。

暖かいので、どこまで入ったかが分かる。

頭皮全体に入ったら、髪にまぶしつけるように揉み込み、まんべんなくいきわたるようにマッサージ。

のんびりしていると、乾いてきてしまうので、ここは手早く。

あとは、ラップでぴっちりくるみ、ラップの上からドライヤーで5・6分熱風で暖め、更にタオルできっちりくるむ。

そのまま20分~40分。

ヘナをよく流してからシャンプーし、コンディショナーなどをして、普通に乾かすだけだ。

使い方や注意点は、たくさん出ている商品によって微妙に違うので、それに従う。

今回意外だったのは、「落ちやすさ」だ。

染色効果ではなく、使用した道具から、布についてしまった染みなど。

「ヘナ専用」と覚悟して用意したプラスチック容器や、肩にかけたタオルなどは、すぐなら、きれいに落ちたので、道具を特別に用意する必要はなさそうだ。

あと、終わって数時間は抹茶とよもぎを足したような香りに包まれる。

それ程きつくはないが、苦手な人は、ちょっとつらいかも。

手順を簡単に書いたが、使用前に髪を念入りにシャンプーすることや、耳の後ろや髪の生え際にクリームなどを塗って、染まらないようにするなど、細かい注意がある。

しかし、家で安全安価に髪が染められる充実感は、ケチな私には、大変ありがたい。

髪の長さや、商品の値段によって違うが、私の場合は一回500円程しかかかっていない。

ただし、商品選びは注意深く。

ヘナ=安全というイメージを利用して、化学染料にヘナをちょっと混ぜたものを、「安全」と売り出している「マガイもの」もあるからだ。

「ヘナ100%」がラインナップに入っている商品のものを選ぶことを、お勧めする。

ところで次回は、お風呂の中でやろうと思う。

私は、頭を冷やすと、途端に頭痛がしてくる。

ラップを取るとき、頭は驚くほどホカホカだったが、やはり水分がついたままなのがきつかったのか。

頭痛と寒気がしてきてしまったからだ。

しかし、翌日、髪はツヤツヤ、サラサラで、コンディションもいい。

女性はもちろん、男性にもお勧めだ。

ぜひ一度、お試し下さい。

| | トラックバック (0)

ガラスの靴とハサミ

幅広、甲高といわれる日本人の足の中でも、かなり特異な部類に入ると思われる。

の数は、多ければ多い程いい。

表現するならば、「扇を開きかけたような」と、言えばよいか。

いや、ドナルド・ダックのような、と言った方が分かりやすいだろう。

かきはついていない。念のため。

がシンデレラだったら、王子様は、かなり楽だと思う。

ディズニーランドの次は、富里に来るだけでよかったからだ。

そんな私でも、なんとか自分の足に合う、市販の靴を見つけて履いている。

日本人に合わせた木型を使用とアピールする、「キサ」シリーズ。

、身近で扱っていないので、残念ながら、ご無沙汰になってしまっている。

いの神は、通販だ。

ベルメゾンの、「べネビス」が嬉しい。

E3は当たり前、4も結構ある。

オブリークなるつま先だと、3で充分なぐらいで、そうすると結構選択肢がある。

本皮を使用した高めなものが多かったが、最近は合皮の親しみやすい値段のものが増え、嬉しい限りだ。

利用者からの意見をよく取り入れてくれ、開発から係わる場合もあるらしい。

も一度、カタログモニターになり、アンケートに回答した。

正規のカタログには、その結果が反映され、支持の多かったものは表示してある。

そこでしか買えないので、どうしても単価が高めになるが、品質の高さを思えば、満足な範囲だ。

、ネットでバーゲンをやっている。

いてみると、なんと、カタログで目を付けていた靴が、40%オフになっている。

予算との折り合いがつかず、諦めていたので、余計に嬉しい。

早速購入する。

到着が、楽しみだ。

なのはな生協で、シャギー用のハサミを買った。

商品案内に何度も掲載されてきたが、千円以上するので、こちらも見送ってきた。

、いつも前全体がうっとうしくなり、我慢が出来ずに美容院に駆け込むパターンを繰り返してきたので、思い切って注文してみた。

これまでも、美容院の代金を浮かすために、多少は悪あがきをしてきた。

ずかしながら、100円ショップで購入した鼻毛切りで、ちまちまカットしていたのだ。

しかし、用途が違うからか、自然なラインになかなかならない。

もう限界と観念して、美容院に行くと、「またやったね」という担当者さんのあきれ顔。

ハサミが配達された。

パッケージの厚紙に、使い方のコツが書いてある。

早速ご指南の通りに実行する。

おぉ。なんか、不自然さがなくて、いい感じだ。

は、ハサミを注文してから、使用するときのために、美容師さんのハサミ使いをよく観察した。

しかし、私を虜にするテクニックの持ち主なので、なんとかカッコを真似るぐらいしかできぬ。

多少その甲斐もあってか、初めてにしては満足の仕上がりだ。

調子に乗って、サイドが伸びてきたら、挑戦してみようと思っている。

美容院には申し訳ないが、これで、行く間隔を、大幅に伸ばせそうだ。

さな投資で、大きな経済効果を生む。

ケチな私には、いい教訓になった。

| | トラックバック (0)

目には見えねど

アロマオイルを気分で選び、毎日お風呂に入れている。

の季節、風邪やインフルエンザを防ぐために、ティートリーを使うことが多い。

これまた気分で、塩か重曹を更に加える。

混みで、嫌な思いをしたとか、なにかを断ち切りたいときは、塩で浄化。

重曹の方は、入れると、お肌にもいいし、芯まであったまる。

家族が入るときは、様子を見ながら、オイルを変える。

れてそうだなと思ったら、「アンチストレス」。

風邪気味かな?と心配になったら、「コールドリリーフ」。

最近、寝つきが良くないみたいだな、と気づいたら、「イージースリープ」や「ラベンダー」。

いずれも、無農薬有機農法で作られたオイルで、イギリスのメドウズ社のものだ。

ただ、オーガニックの申請をしていないので、認定はされていない。

いつも、ハイパープランツのネットサイトで購入している。

ご参考までに http://www.hyperplants.co.jp/shop/

差支えなかったら、メールマガジンを購読する事をお勧めする。

アウトレット情報や、新商品のお知らせなどを小まめに教えてくれる。

年末は、アロマと音楽をセットで楽しむ商品と、好きなアロマオイルを胸元で香らせる、シルバーのペンダントが入った福袋や、数万円もお得なアロマオイルセットの販売をやってくれた。

ペンダントセットの方をゲットして、今している。

かの拍子に香るオイルが、ゆったりとした気持ちにさせてくれ、大変気に入った。

また、なのはな生協でも、メドウズのものとは限らないが、アロマオイルの扱いがよくあるので、そちらも利用している。

最近気づいたのだが、アロマオイルを入れているせいか、浴室の天井がほとんどカビなくなった。

の方は、以前よりも少なくなった程度だが、全体的に掃除が楽になっている。

また、ボネコの気化式加湿器の水タンクにも、満水の度に3滴づついれているが、水がぬめるのを遅くしているようだ。

ただし、入れ過ぎには注意だ。

オイルの瓶には、ドロッパーがついているが、時々勢いがついて入り過ぎる時がある。

入浴時間があく時は、一人3滴づつぐらいで、各々好きなものを入れて大丈夫だが、続けて入る時は、足さない方が良い。

揮発しきれない成分が、残っているからだ。

以前入れ過ぎて、あちこちがヒリヒリして、焦った。

い、何事もなく自然に納まったが。

えば寝室にて、アロマランプで香らせる、オイルマッサージするなど、生活全般で利用するにしても、一人一日10滴までとお医者様が書いた本にあった。

ほんの小さな一滴だが、その中に、各植物の有効成分がギュッと濃縮されているので、直に肌につけないなど、取扱には気を使う必要がある。

アロマは、単なる趣味などではなく、医療ケアや、施設の環境改善などに正式に使用されていることからも、効果はお墨付きだ。

ところで、匂い袋は、昔「魔除け」として身に付けていたと、美輪さんが言っていた。

ほほー。

そういえば、京都のお土産などで、頂くことがあるが、香る度に、気持ちがシャキッとする。

樟脳で衣料の虫食いを防ぐのは、正にアロマそのものではないか。

美輪さんは、もっと雅で高貴なものを指しておっしゃっていたのかもしれないが、私が思いつくのはこの程度だ。

きな香りを嗅ぎながら、例えば勉強をすると、脳が刺激され効果が上がると、脳外科の先生もおっしゃっていた。

にも心にもご利益がある、香り。

新しい年を機に、好きな香りを選んで身近で香らせてはどうか。

お部屋にこもりがちになるこの季節、ちょっとしたことだが、いつもと違う香りが、日々を豊かにしてくれるはずだ。

| | トラックバック (0)

水もしたたる

この頃、産直野菜ボックスに、ショウガが沢山入ってくる。

普段だと、調理に使いきれない分を、甘酢漬けなどにするのだが、今年は飲んでいる。

医師の石原結實氏お勧め、ショウガ紅茶を、がぶがぶ飲んでいるのだ。

以前ご著書を読んで知って以来、純粋に美味しいので、飲みたくなったら飲むお茶の一つとして愛飲してきた。

、「老化は体の乾燥が原因だった!」を読んで、ショウガ紅茶を主とする、プチ断食ダイエットを、若返りの健康法として再開している。

んで驚くのは、西洋医学の説と違った病気の原因のとらえ方だ。

慢性病や体質として、誰もがいつかは付き合う症状の原因を、東洋医学的見地で原因と対処法をズバリ指摘している。

えば、糖尿病、腰痛、頻尿、更年期障害、骨粗鬆症、薄毛、そしてがんまで。

この頃、低体温が問題になっている。

本来、36.5度の平熱で正常に働く人体が、低体温のせいで誤作動したり、本来の働きができなくなっているという。

それは、間違った水分の取り方が原因らしい。

一般的に、1日2ℓ水分をとることが奨励されているが、飲むものと、飲み方によっては、余分な水分が細胞に取り込まれず、細胞同士の間に溜まってしまう。

それが冷えにつながり、万病のもとになってしまうというのだ。

石原氏の「プチ断食」2本柱のもう一方のニンジンジュースを飲んで寒気がしたのは、私の体内の、余分な水分のせいだということも分かった。

自分の体に、余分な水分がたまっているかどうかを、簡単にチェックする方法がある。

おへそをはさんで、お腹の上と下を触ってみる。

くの人、特に女性は、上は暖かいが、下は冷たい。

たいところは、余分な水分が溜まっているから、冷えているのだ。

の下腹もひんやりしているし、ぽっちゃりとせり出している。

まで贅肉だと思っていたが、水分だったのかー。

本を読んで納得。「よーし、出すぞー!」と行動開始。

朝食はもともと食べないので、朝のコーヒーをショウガ紅茶にかえて、4,5杯飲む。

茶葉とおろしショウガ(カップ一杯につき、小さじ1杯程度)をポットにいれ、熱湯を注ぐ。おろしショウガのチューブでも可。

むときに、黒砂糖をちょっと加える。

は、自分が美味しいと感じる程度。

ミネラルなどの新陳代謝お助け成分をとりつつ、満腹感を得られるし、体のあったまり方が全然違う。

だけかもしれないが、つい黒砂糖を入れ忘れて、空いたお腹にショウガ成分がきつ過ぎたのか、気持ち悪くなったことがある。

むとすぐに体がポッポと熱くなる。

いつもなら欲しくなる甘いものも、黒砂糖のお陰か、まったく欲しくないし、空腹感も緩和される。

プチ断食明けの昼食は、消化のよい麺類などを、腹八分目に食べる。

ちに待った夕食は、好きなものを好きなだけ食べてOKだ。

けていて実感するが、お通じが極めて順調になった。

回数も、量もアップ。快腸だ。

これは、試す価値ありだと思う。

特別道具も必要ないし、お金もかからない。

食事から、入浴法、運動についても詳しく書かれていて、読んで納得したら今すぐ始められるアドバイスが満載だ。

ちゃんのようには無理かもしれないが、瑞々しいあの頃に近づきたい。

そんで、元気に生活したい。

乾燥が気になる季節を前に、ピチピチ目指して努力してみるのも楽しいものだ。

老化は「体の乾燥」が原因だった!―内臓、皮膚、頭脳… 全身が若返る食べ方・暮らし方 Book 老化は「体の乾燥」が原因だった!―内臓、皮膚、頭脳… 全身が若返る食べ方・暮らし方

著者:石原 結實
販売元:三笠書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

にも、石原氏の関連著書多数あり。ぜひご参考に。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧