経済・政治・国際

だって もらった マグカップ たち吉 だもん

BS世界のドキュメンタリー 「模造品社会~命を脅かすコピー商品」を見た。

「コピー商品」というと、

まずブランド品が思い浮かぶ。

「けど、命にかかわるってどういうこと?」

最近見聞きする、

ネットなどで購入した薬やサプリで起こった事故のことではと、

見始めた。

すると、とんでもない!

いまや、こんなところにまでと驚くほど、

「偽物」が入り込んでいることに、

愕然とした。

例えば、自動車のブレーキパッド。

見た目ほとんど変わらぬ、

黒い物体。

本物は、

金属とセラミックスで出来ているが、

偽物は

おがくずや枯れ草が混ざっていることもあるという。

時速130キロで走っていて、ブレーキ。

コピー商品は正規品より

37メートルも制動距離が伸びてしまうという。

「あわわ・・・・!」

ブランド品なら

被害は限られるが、

偽薬や航空機、車の部品となると深刻。

まさに、命にかかわる大問題だ。

正規品と信じ

巧妙に偽装されたネットショップなどで

偽薬を購入。

命を落とした方も少なくないという。

では私達はこれに

どう対処すればいいのか?

作った人も悪いが、

知りながら買う人も悪い。

人は矛盾する思考を同時にもつ。

作ることを非難しながら

偽物を選ぶことを止められない。

しかしこのままでは、

予測できない事故で命が奪われることもあり得る。

「自分さえよければ」が

やがて自分に返って来るのだ。

ブラック企業がが問題になっているのも

私達が「安いければいい」と求めた結果だろう。

利用する人がいなければ、

人を不幸にするビジネスは消えていく。

いい加減この辺で

私達の意識を改めなくてはならないのではないか。

本当に自分にとって必要なら、

いい品やサービスには、

気持ちよくお金を手放そう。

作ってくれるからこそ、

提供してくれるからこそ、

利用できるのだということを思い出そう。

お金を払う人が「一番エライ」というのは

大きな間違いなのだ。

そう決意して、

スバルさんに車検の見積もりをお願いした。

「!!」

「あの・・・もっとお安くなりませんか?」

と言いたくなったのを

慌てて打ち消す。

必要のないオプションを削るのはいいが、

質を値切るのは厳禁だ!!

(もちろスバルさんでは正規部品使用だろうが)

という訳で

今私は

貧乏だ。

| | トラックバック (0)

親愛なる富里市さま大事に使ってね♡

この時期にやって来るのは、

だけではない。

年に1度我家のポストに毎年届く

あの封筒・・・・。

固定資産税・都市計画税の

「納税通知」である。

我が家は土地も家も狭小なので、

お家賃位の金額で済む。

それでも、

「ド~~~ン!」と

衝撃だけど・・・・。

地主さんの友人などは

毎年高級車が買える程だと聞く。

あればあったで大変なのだ。

ところでよく、

「持家と賃貸

どちらがお得か?」

と話題になるが

私個人のジャッジは

断然「持家」有利だ。

この不安定なご時世、

いつ大家さんの気が変わり

アパートを追い出されるか分からない。

持家なら、

ローンさえ払ってしまえばこちらのもの!

年を取って収入がなくなっても、

住む所さえあれば、

何とかなりそうだ。

「メンテ」など二の次、

とにかく雨露さえ凌げれば

と割り切れば

住居に関するコストは

最小限に抑えられよう。

しかし忘れてはいけないのは

ここ日本が

地震国だということだ。

あの天変地異レベルの衝撃を感じた

3月11日。

よくぞ家が崩壊しなかったと、

今でもよく考える。

「あたりまえ」

が、

一瞬でひっくり返ったことを思い返すと、

どっちがお得か?

などという疑問は、

チリのごとし消し飛んでしまうだろう。

さて、

これからどんな日本になるやら・・・・。

| | トラックバック (0)

ドル建て養老保険はどうでしょうかね~?

オンラインセミナーを

また受講してみた。

今回は無謀にも「中級者向け」。

テクニカル分析についての内容だったが、

あまりにも難しくて、

途中で居眠りしてしまった。

「授業中に寝る」

を久しぶりにやって、ちょっと懐かしかった。

とはいえ、ほんの少しだが収穫はあった。

「真面目な」、ではないが。

相場予想手法はたくさんあり、

いくつかを組み合わせて予想を立てるそうなのだが、

シロウト故、ちんぷんかんぷん。

初めて聞く言葉ばかりだが、

内容の理解はともかく、

変わった用語がたくさんあって、面白かった。

例えば、「ろうそく足」。

資料を読んだときから興味津津だったがなんとこれは、

日本人が考え、世界に広がった表記方法だという。

文字通りろうそくに足が一本くっついた線なのだが、

全体で、

その日の相場の変動幅と

値上がりか値下がりかが一目瞭然。

「ほほ~」と、感心してしまった。

他にも

ダブルボトムとか

ヘッド&ショルダーなど

なんかファッションぽいが、

相場のグラフ線の形から先を予想するテクニックがあることを知った。

中には、占星術を用いた相場予想方もあり、

こちらは当たると抜け出せなくなる程の

達成感があるらしいから注意、など、

面白知識が満載の一時間だった。

最後、講師の大西氏の円ドル相場予想。

ボリンジャー・バンドでみると、

円もう少し上がりそう

ですって。

| | トラックバック (0)

生きる=お金が必要

「一か月、おいくら位あれば生活できますか?」

「!!」

ファイナンシャルプランナーさんにこう聞かれて、考え込む。

これは、「老後までにいくら用意する必要があるか?」

ということを、相談していたときの話。

(そういえば、考えたことなかったな・・・・。)

「では、例えば・・・・」

と、電卓をはじき出すプランナーさん。

一か月20万円が必要だったとする。

それを12倍したのが、1年間のおおよその生活費240万円。

実際にはそれに、冠婚葬祭や家の修繕費、

けがや病気など不測の事態への備えが必要になるだろう。

そして、目をそむけてきた現実が、電卓の表示に表れる。

平均寿命で計算すると、

ウン千万円だ。

(ひ、ひぇ~~)

余りの数字に、身が縮まる。

もちろん今の時点で、こんなにない!

慌てずとも、その額を貯蓄などで全て賄う必要もない。

それは、公的な年金や、

退職金を考慮するためだ。

とはいえ、

支給開始が遅くなるとか、

金額が減るなどとされている、公的年金。

をあまり当てにしていると、

苦しい思いをするかもしれない。

ならばやっぱり、自分で今からコツコツしなければっ!

と、遅まきながら、発奮。

家族構成などが変わり、不要になった保険や、

時勢に合わない保険をピックアップし、削ったり足したり。

保険料に消えていた分を、

出来るだけ貯蓄に振り向けるべく、

ファイナンシャルプランナーさんから得られる最新の情報を加味し、

あれこれ考える今日この頃。

そんななかで1つ、考えさせられるお話を聞いた。

例によって、質問される。

「五千万円の死亡保険金を受け取ったご遺族の

追跡調査があったのです。」

「ほほ~?」

「2・3年後に、保険金がゼロになってしまった人は、

どのくらいいると思いますか?」

五千万円は私にとって、

使おうと思って簡単に使える金額ではない。

ちょっと考えてから、

「数%位ですか?」と答えた。

するとびっくり。

「実際は、3割ぐらいの人が使いきっているんですよ。」

「な、なんですとぉ~!」

プランナーさんによると、

①生活が派手になる

②周囲から、頼まれる

という理由を聞かされ、

「なるほど~。」。

宝くじが当たった時と同じなのだろうが、

それにしても、なんとも・・・・。

とうことで、死亡保険金を

年金形式で受け取る方法を提示された。

普段からどんぶり勘定で計画性のない私。

その方がいいだろうと、深くうなずく。

出来れば、そんな機会はない方がいいのだが。

| | トラックバック (0)

ちりも積もればどころじゃない

オンラインセミナーに

初めて参加した。

講師は「投資信託にだまされるな!」の著者

竹川美奈子氏。

ご本の題名と同じセミナーだったので、

著書に書かれてある内容に、

最新の情報を加えたお話だった。

一時間半の間にクイズやアンケートに答えたり

質問コーナーもあり

適度な緊張感を感じつつ

集中できたので、あっという間だった。

竹川さんはお美しいだけでなく、

お若いのにきびきびした口調と落ち着いたお声が相まって

説得力を醸し出すお方だ。

質問コーナーでは、

沢山寄せられたであろう質問の中から

私の疑問にもお答え頂き

大感激!

お陰で

ご本を読んで以来のモヤモヤがスッキリした。

実は、

リーマンショック以降投資信託の購入をお休みしていた。

しかし、

投資信託の中身を見れば

時には1000以上の企業や団体に投資したことになる。

不況や金融不安の中にあっても

「何処の国のどこの企業も利益を生み出さないこいうことは

考えられないのでないか。」

というようなお言葉に

成程

と、頷く。

(投資って、自分のお金を増やすことを目的としてるけど、

投資先の企業や団体を応援するということでもあるもんね。)

いい時もあれば

そうでないときもある。

常に勝ち続けるということは

めったにないのではないか。

そう思ったら、投資を再開しようかという気になる。

竹川さんが繰り返していた言葉の一つに、

「とにかく少しでも早いうちに、

出来る範囲から始める。」

というのがあった。

以前は、子育てが終わってからリタイアまでの期間に余裕があった。

しかし、晩婚化などで、

子供の教育費がやっと必要なくなるという頃はもう、

「定年」というケースも増えた。

そうすると、老後の資金を用意する暇なく

収入が途絶える。

これからは、公的年金の支給が後倒しになり、

金額も減らされていく見通しだ。

それに備えるためには、

一日も早く「開始」しなければならないというのだ。

今は、毎月1,000円から積み立てられる

投資信託も多くある。

30代からコツコツで

60歳の定年退職の頃に大きな金額を手に出来る

シュミレーションのグラフには驚いた。

詳しくは、ご本に分かりやすく書かれてあるので

興味ある方は是非お読みになった方がいい。

お勧めだっ!

| | トラックバック (0)

買って応援したいけど・・・・

10月から、WOWOWが生まれ変わる。

現在1~3チャンネルの放送で、

一部ハイビジョンン。

それが、

オール3チャンネルで

フルハイビジョンになるのだ。

しかも

料金は据え置きという太っ腹。

WOWOWに対するイメージが

大きくアップしたのは

言うまでもない。

ある日、WOWOWからのメールを開くと

「株主優待」

の記事があった。

私には、とんと縁のない話題だったが、

その内容に引きつけられる。

なんと

視聴料の3カ月分が無料になるという。

2年以上の株主には、

もう1か月がプラスされ、

4か月無料になるという。

「ほほ~!」

よく読むと、小さな字で

「1株」の保有でもいいとある。

「おぉぉ!」

1000株単位の売り買いが普通だと

思っていたのだがバラ売りしてくれるのかぁ。

(これなら手が届くかも・・・・・)。

早速、株価を調べてみる。

「・・・・・・・・・・・・・。」

「15万円超えかいっ!」

密かに抱いた希望を打ち砕く数字に

やけのやんぱち。

(でも待てよ・・・・・・・・)

無料になる視聴料の合計を

株価で割ってみる。

「おぉぉっ!」

なんとこっちは

4%超えだ!

金融商品で今

これだけの利率のものはないだろう。

バブルの頃以来

久しぶりに見た数字に思わず

「ゴクリ・・・・」

「買っちゃおうかな・・・・・・!」

しかし

あの頃財テクにハマっていたこともあるが、

それはあくまでも

「元本保証」

商品の利用が大前提だった。

リスクを背負う恐ろしさを考えると、

ケチで小心者の私は、

臆病風に吹かれまくる。

「むむ」

今すぐ買えば、

優待の条件

「9月末時点の株主名簿に記載されている株主様」

になれるのだろうか・・・・・・?

ともかく

これからのWOWOWに

期待だ!


| | トラックバック (0)

ご報告させて頂きます

ピンポーン。

ドアを開けると、国勢調査員さんだった。

用紙の配布に来てくれたという。

提出方法が二つあり、郵送または調査員さんによる回収どちらにするか、聞かれる。

何度も足を運ぶのは大変だろうしと、郵送を選ぶ。

ドアを閉めて、中を見る。

せっかちなので、早速記入を始めた。

概ねマークシート方式で、該当欄を鉛筆で塗りつぶしていく。

気のせいだろうか?

以前よりも、記入項目が減っているような・・・・?

前は、結構大胆にプライバシーに踏み込んだ質問に、正直に書くのをためらった記憶がある。

しかもその時は、回収に来てくれた調査員さんが記入に漏れなどがないか、チェックすることになっていた。

見ようと思わなくても、目に入ってしまうこともあろう。

は、恥ずかしい・・・・。

チェックの間、いたたまれない思いで待った思い出がある。

似たような声が多く寄せられたのか、その点が改善され、安心して書けるようになった。

質問の中には、まだ先の日付の時点の状態を書くものもあるが、構わず書いてしまう。

さぁ、国民の義務は果たしたぞっ!

ホッとして、一人ゆっくりお茶を飲む。

あとは、カレンダーをめくったら、ポストに入れるだけだ。

| | トラックバック (0)

天使のテーゼ

首長経験者が結成した「日本創新党」に、期待したい。

永田町と、自分の選挙区を行き来するだけのおじさん達よりも、よっぽど世の現実を分かっていそうだからだ。

日本の現状を見る限り、これまでそのおじさん達が行ってきたことが正解だったとは、とても言えないだろう。

それは、日本の舵取りを任された人物が、庶民生活からかけ離れた生活者揃いだったのも、一因だと思う。

それに比べ首長を務めてきた人達は、派閥に呑まれることなく、市民と国との間で揉まれてきている。

ちゃんと私達のことを考えてくれそうではないか。

常々思っていたのだが、いっぱいお金をもらっている政治家と呼ばれる人よりも、地元の自治会長さん達の方が、よっぽどキチンと「政治」をやっている。

多くの地域がそうだと思うが、無報酬ながら、情報伝達、治安維持から、環境改善など生活全般に渡って責任を持って活動してくれている。

度々寄せられる要望や苦情に親身に対応し、時には身の危険を感じつつ解決に向かって努力しておられる姿には、頭が下がりっぱなしだ。

このようなちゃんとした「政治家」は、国外にはたくさんいるのだと知って驚く。

以前、北欧の政治情勢についての特集をテレビでやっていた。

そこでは、割り当てられたコンパクトな事務所で、忙しく働く国会議員さん達がいた。

そのうちのお一人に、日本の政治家の「豊かさ」を話すと「とんでもない!そんなことをしたら、たちまち国民からクレームが来ます!」と慌てておられた。

議員としての報酬は、サラリーマン並みとのこと。

その国では、CO2の排出を抑えるため、日本では考えられない大胆な政策がとられていた。

「自転車の方が便利」

となるよう、道路整備から信号の待ち時間などを変更。

それが功を奏し、朝の通勤風景は、自転車大国中国並の壮観さ。

日本でこれをやろうと思ったらまず、世界に名を馳せる大納税法人「車屋さん」達が黙ってはいないだろう。

「圧力」やら「贈り物」で政治家はたちまち骨抜きになるのが目に見えている。

すごいなぁ。

あちらを立てれば、こちらが立たず。

そういった問題を、彼の国の政治家さん達は、どうやって収めているんだろう?

と、感心した。

「大変ですが、やり甲斐があります。」

というコメントに、ご自身のお仕事に誇りを持っておられるのが伝わって来た。

故に国民から信頼され、任されから、またいい仕事をする気にも繋がる。

素晴らしい「正」の連鎖。

税金は日本よりもうんと高いらしいが国民の満足度は高く、私もそんな国に住んでみたいと心から思った。

以前日本の政治家の報酬は、世界を見渡しても多すぎると学校の先生が言っておられた。

悲しいことだが、志が、欲に負けてしまうのだろうか。

そちらにばかり血道をあげるようになり、肝心の国民生活を守るということに無関心になるということかもしれない。

このままでは日本はどうなってしまうのか。

という危機感を共有した方々が結成したこの新党に、民主党が便乗しようとしている。

「目指すものが同じなら、行動を共に。」

などという発言が聞かれる。

民主党がやっていることは、「成せねばならないことを、成していないこと」だ。

それすら認識出来ていないのだと、この発言を聞き唖然とする。

選挙に当選するためだけに合流し、本職をなおざりにするのがまた繰り返されるのではないか。

と、今後がすごく気になる。

もうひとつ、ちょっと気になるのは、その党の「応援首長連合」26人のメンバーだ。

まさか現千葉県知事は、加わっていないよね。

自民党であることをひた隠しにして、選挙活動をしていた「隠れ自民」の元気モリモリ。

調べたが、26人全員の名前は見つからなかった。

県民に正直になれない人が国政に口を出すなど、普通なら恥ずかしくて出来ないはずだ。

が、彼ならやりそう・・・・・。

と、すごく心配。

県民を心配するどころか、当選直後のゴタゴタを含め、逆に心配をかけている「青春」君。

くれぐれもまずは、「千葉の明るい未来」に、集中してくれるようお願いしたい。

| | トラックバック (0)

石油 マグロ サメ パンダ

リビアって、何処だろ?

クロマグロの救世主ともいえる、ワシントン条約会議でのリビア代表の雄姿を目にし、思った。

早速、調べてみる。

アフリカ大陸の北に位置し、以前は農業国だったが、現在はアフリカ随一の石油埋蔵量で潤う、裕福な国へと発展したとのこと。

ほほー。

して、今回は何故日本の見方をしてくれたの?

詳しくは分からぬが、以前はかなり反欧米国で、あちらからは「テロ国家」とまで言われていたらしい。

近年軟化したようだが、未だその思想は残っているのだろうか。

新聞によると、当初この問題にそれ程興味がなかったリビアから、日本側の秘密裏の説得で「日本支持」を取り付けるに至ったとある。

それと途上国を中心とした欧米主導への反発をまとめ上げ、大きなうねりを作りだしたとみられている。

オランダの議員が言った、「日本は自分で自分の首を絞めている」という発言は、現実的にどうなのだろうか。

本当にクロマグロの数が深刻な状態にまで減少しているのか?

それを示すデータは、ほとんど目に出来なかったが、何故だろう。

とりあえず今回は、リビア代表の「朝まで生テレビ」張りの迫力が、会議場を支配。

一気にたたみかける素早さで、勝利を手にした。

「イザとなったら、最近日本食ブームでお刺身を食べるようになった中国も味方してくれるに違いない。」

などと勝手に思っていたら、あちらはクロマグロと共に取りざたされたサメ類の制限を阻止するために反対票を投じたらしい。

成程。

しかし、とりあえず一安心。

周到な根回しに成功した日本の外交も、お見事!

という感じだ。

だけど、クジラといい、マグロといい・・・。

普段からおとなしいと、余所からとやかく言われるなー。

と、いつも溜息だ。

クロちゃんが食べれなくなっても、ビンちゃんとか、メバチちゃんとか、他にもマグロはあるじゃないか。

と実際には呑気にしていたが、「黒いダイヤ」と呼ばれるマグロの王様が流通しなくなったら、大打撃を受けるところも少なくないのだろう。

関係者さん達は皆、大喜びだった。

今回の騒ぎで、更に注目されたのは、「近畿大卒業マグロ」だ。

世界で初めてクロマグロの完全養殖に成功した快挙に当時、日本中が拍手喝采した。

国はこれからもっと力を入れて応援し、余所様にとやかく言わせないで、王様を堂々と味わえるようにして欲しい。

そして、リビアの石油じゃないが、「黒いダイヤ」を、世界中に売り込むのだ。

中国が、「パンダと交換して下さい!」と言って来たら、こちらのもの。

年間億のレンタル料が、無料になるチャンスだ。

集団で連れてきて、ここ富里にも、パンダを配置して欲しい。

などというアホな野望に妄想を膨らまし、一人ニヤニヤ。

後ろから、マグロとサメでぶたれたりして。

| | トラックバック (0)

食べたものが 体になる 心になる

最近テレビや新聞でよく、びっくり、ドッキリさせられる。

少し前まではタブーだった、食品業界のからくり的なことが、あっさり種明かしされているからだ。

テレビで「食品添加物クッキング」なるものをやっていて、目玉が飛び出る。

コーヒーに使う、ポーションタイプのミルク。

あれを、スタジオで、実際に作っていく。

植物性油に、水を混ぜ、乳化剤を加える。

乳化剤とは、すなわち界面活性剤。

水と油を仲良くさせる働きがあって、洗剤も界面活性剤だ。

それに、着色料などを加えて完成。

もちろんそれらも、合成の物質で、食品添加物の一種だ。

スーパーなどのお惣菜も、再現している。

美味しそうなきつね色をつけるため、カラメル色素を使っている。

使っていないものと両方作って、比較する。

比べると、添加していない方は、ぼやけた印象に感じられ、使った方のが断然美味しそうに見える。

その時は、「へぇ~!たったこれだけで、仕上がりが全然違ってくるんだね!」的なとらえ方で終わったが、カラメル色素そのものが、発がん性を疑われる物質だということには触れなかった。

これでは、ちょっとお化粧が施されてるだけで、健康には影響がないと誤解される。

しかし、人が口に入れるものに、様々な化学的な細工がされていることが伝えられるだけでも、少し前の戒厳令的な状態からすると、驚きだ。

読売新聞でも、連載記事があった。

「食、ショック」

昨年12月9日の記事には、雑誌にも紹介されたフカヒレスープのフカヒレが、人工品であると打ち明けた店長の話が載っている。

「○○風」とメニューや表示ににあったら、それはフェイク食品と思った方がいいい。

例えば、「ホタテ風味」。

と書かれた「ホタテフライ」は、白身魚で作られている。

本物ではないにしろ、少しはホタテが入っているんだろうな。

と思っていたが、そうではなさそうだ。

悪質な店や業者は、そんな正直な表示はしていないだろうから、「風」がなくても油断できないが。

それにしても、この一連の「暴露」的な報道。

いったい、どうしちゃったんだろ・・・・?

と考える。

やっぱり、この不景気の影響かな?

莫大な広告料を払ってくれる、大手を中心とした食品業界は、マスコミにとっては大事なお客さん。

よって、この手の情報を明らかにするのは、御法度。

ところがこの頃そのお得意さん達が、不景気で広告料を削り始めた。

お客さんでなくなったら、書きたいことが書ける。

放送できる。

とばかりに、この手の話題を出してきてるのかも。

などと、また勝手に考えている。

贋物だって、安くておいしければいい。

そう考えるのは、自由だ。

けれど、将来の健康は、諦めた方がいいと思う。

| | トラックバック (0)