« 全       う        | トップページ | 大  丈  夫  ! »

乙 女 心 を 分 か っ て 2017

この1年を振り返ってまず思うのは、先輩乙女達とのお好みのズレだ。

新しいゲームを購入するときには、必ずレビューを参考にさせてもらっている。

何度か手痛い失敗を繰り返してからは、高評価のゲームの中から選択。

「やっぱり先輩たちは頼りになる!」とプレーしながら感謝!

ところがここ数年は「?!?!」。

こなしたゲームの数と自分のお年が増えるにつけ、変わってきた。

評価の良い「絶対」も「剣」も、最後までやる気になれず手放した。

そして、先輩たちの感想を待たずとも、ある程度内容が予測できるようにもなってきた。

それは、各ゲーム開発会社さん達の特性がつかめてきたからだ。

今年は、大手老舗メーカーの強さが改めて示された1年ではないか。

過去のゲームをリニューアルしても良し!

続編を出しても良し!

ご商売のやり方がどうかと思う点も多いが、 深みにハマラぬ程度にとどめれば

お財布の紐を緩めても後悔なしだ。

その大手が手掛けてきたシリーズを、別の会社に託したゲームが発売された。

申し訳ないが、託された会社は品質にバラつきあり過ぎと思っているので

購入は控えた。

案の定、先輩たちの評価は散々だ。

「これは大手の実力を、改めて世間に知らしめる作戦なのでは?」

などと、つい意地悪な見方をしてしまった。

信頼し楽しみに待っていた人気シリーズの続編?も

先輩たちの不満爆発で撃墜された。

私は乙女ゲームにひたすらハッピーのみを求めプレーしているので、

購入を諦めた。

さて、私にとっての「今年一番」は何だろうか?

一番最初に浮かぶのは、「金コル4」か。

攻略人数が多いし、やり込み要素も満載!

で、隅から隅まで遊び尽そうとワクワクしたし、

またその情熱も持続させられた。

同じ数千円でも、まったく価値が違う!濃厚な1本だった。

そう・・・

もう、ノベルゲーはお腹いっぱいなのだ。

参入社が増えるにつれ、発売数も増加した女性用ゲーム。

それは嬉しいのだが、キャラも世界観も出尽くした感が否めない。

そんな中、もう乙女たちは、

声付少女漫画では満足できなくなっているのではないか。

美少年や美青年から言い寄られるのは、ゲームの中では当たり前!

私たちは、「攻略」したいのだ。

冒頭からの「ハーレム」も、「ちやほや」も望んではいない!

奇をてらったつもりの設定も、ぶっ飛んだキャラクターも余計なお世話!

史実の忠実さなど誰も求めちゃいません!

願いは一つ。

ただ、まっとうな恋愛で、ハッピーにさせて下さい・・・・っ! 





|

« 全       う        | トップページ | 大  丈  夫  ! »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 乙 女 心 を 分 か っ て 2017:

« 全       う        | トップページ | 大  丈  夫  ! »