« 褥に侍るのを許されたもの | トップページ | 紋 次 郎 が 合 図  »

将  軍  様  の  功  績  

秋で ある。

今年は信じられないことに、いつまでも居座る夏がさっさと引き上げた。

覚悟していただけに、肩すかしだ。

でも、嬉しい。

やっと来た過ごしやすい季節のお陰で、

暑さに対処する気力や体力が、「やる気」に転化される。

と言う訳で、乗馬体験に行ってみた。

きっかけは、近所に出来た乗馬クラブ 「クレイン」さん。

スーパー入口でニコニコと近づいてきたお兄さんから、

オープンのお知らせを渡された。

一人一人に配っているのかと思いきや、他の人には外の仮設テントで渡している。

家に帰り、家族に言う。

「どうして、分かったのかなっ?!」

実はその数日前、唐突に家族に宣言。

「私、自分の仕事が軌道に乗ったら、乗馬やるっ!!」

何故か急に、「暴れん坊将軍」のオープニングが浮かび、

発作的に叫んでしまったのだ。

あのニコニコお兄さんには、それが分かったのか?

ピンポイントで狙ってきたのだから、大したものだ。

感心しながらパソコンの前に座り、メールボックスを開く。

すると何と!

今度はカード会社から、「乗馬体験キャンペーン」のお知らせが!

「えぇぇ!また乗馬っ?」

驚きつつ見るとなんと、

さっきチラシをもらった「クレイン」さんのキャンペーンではないか!!

スゴイ偶然に、「これはもう、やるしかないんじゃない?」。

でも乗馬にかかる金額は、私にとっては大きなハードルだ。

「う~~~ん」。

だが、それだけでは終わらなかった。

とある無料ゲーム。

恥ずかしながらこの年でまだ、ゲームを楽しんでいる。

その夜、私のキャラのレベルが上がり、

「馬に乗り換えましたっ!!」とのポップが飛び出したのだ。

その瞬間、意思が固まった。

諸々の問題を無視し、

すぐにカード会社のキャンペーンに、申し込んでしまった。

翌日、「クレイン」さんから連絡が来て、体験日があっさり決まる。

長ズボン、靴下着用で、持ち物は軍手。

楽しみだが、不安でもあった。

実は数年前に1度、引き馬に乗せてもらったことがある。

その時は怖くて怖くて、馬の背から飛び降りたい衝動を抑えるのに必死だった。

一緒に行った友人から「表情が硬いよ~!」と野次られても、

視線を向けることすらできない程ガチガチに緊張。

しかし、あら不思議。

サークル2周目になると、スッと怖さが引いたのだ。

風を感じながら、

いつもと全く違う視点から見渡した景色に、知らず知らず顔がほころぶ。

気付いたら、子どものようにニコニコと、馬の背の振動に身を任せていた。

乗り始めの時が嘘のように、いつまでも乗っていたいと思ったものだ。

(あの怖さを、また味わうのではないだろうか?)

そう思うと、ドキドキ。

さて、どうなることやら・・・・。

|

« 褥に侍るのを許されたもの | トップページ | 紋 次 郎 が 合 図  »

趣味」カテゴリの記事

生き物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 将  軍  様  の  功  績  :

« 褥に侍るのを許されたもの | トップページ | 紋 次 郎 が 合 図  »