« 恋  愛  も  ー  ど | トップページ | 将  軍  様  の  功  績   »

褥に侍るのを許されたもの

全身で寄りかかれる抱き枕が欲しくなったので、

ネットで探してみた。

タツノオトシゴの様な形のイメージを持っていたが、

「抱き枕」には様々なものが含まれているようだ。

「あ、あり過ぎて絞れない・・・・!」

と困惑していると「一覧」に、目を惹くものが。

「何だろう?」とクリックしてみたらなんと、

実物大キャラの抱き枕カバー。

寝乱れた着物から

広い胸板やスラリとしたおみ足が・・・。

「薄桜鬼」のお一人らしい。

ちょっと、ショックだった。

シーツとか、お人形とか、

「実物大」は、男性の専売特許だと思っていたから。

「女性の需要も広がってるんだなぁ。」としみじみ。

見ると、色々な「女性用」と思しきものがあるではないか。

「銀魂」の面々や、ワンピースのゾロのまで・・・・。

「刀を下げた人と、一緒に寝たくはないな~。」など

あちらにも言い分はあろうが、勝手に評価を下す。

私が神経質過ぎるのだろうか。

例え印刷物でも、

自分以外の「人」がいると思うと、

落ち着いて寝れない気がする。

ましてや、抱きついてなんて・・・・。

あれこれ考えながらジッと見ていたら

家族がこちらを見て怯えている。

「とうとう、あそこまでいっちゃったのか・・・っ!」という目で。

いやいや、見とれてたのは確かだが、

そういう意味でじゃないのよ!

「男性に生まれるんだったら、

こんな風がいいなぁ~」と思っただけですから!

そんなわけで、

抱き枕を選ぶことはひとまず断念。

今夜もシロタンを抱きつぶして寝ることになりそうだ。






|

« 恋  愛  も  ー  ど | トップページ | 将  軍  様  の  功  績   »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 褥に侍るのを許されたもの:

« 恋  愛  も  ー  ど | トップページ | 将  軍  様  の  功  績   »