« | トップページ | め~ら~んこりっくに~  髪を~ かっきあげて~♪ »

修 羅 の 時 空

今年の夏も、暑かった・・・・!

だからこそ、日本の夏の風物詩

背筋も凍る怖~~い怪談番組を心待ちにしていた。

動画サイトの「作りもの」を引っ張って来て

勝手に順位を付けたお手軽ものだけ。

もう何度も見た映像ばかりなので、

冒頭のシーンで

後の展開が分かってしまう程だ。

BSのNHKで月に1度放送される

世界の不思議を解明する番組内で、

そのような映像の出所と

どうやって広まっていくかが

詳細に説明された。

なので、

「今年はもう、あるまい。」

と思っていたので、

がっかり。

本物の霊能者さんが出て、

怪奇現象が起きる理由を語ってくれるようなものは、

今年もなかった。

と思ったら昨夜、

すっごく怖いシーンに思いがけず出合って

「ぞ~~~~っ!」。

あるご家庭の経済事情を改善すべく乗り出した

森永さん。

相談者のお話を聞いて

びっくり。

大黒柱が職を失い

毎月10数万円の赤字を

学資保険を原資にした借金で

賄っているという。

ローン返済中のマンションは、お庭がついた充実物件。

複数のペットがいて、

お子さんは、私立中に行かせたい。

収入が減った分

生活レベルを落とすつもりは、さらさらないようだ。

正社員になれない御主人を責め、

自分はひたすら「被害者」だと訴える奥様。

森永さんがお子さんと2人きりで話を聞くが、

奥様がしっかりご自分の味方につけているようで

「ママがかわいそう」。

(すごいなぁ~)と思いつつ、

耳はダンボで仕事を片付けた。

「終わったー。」とテレビの前に座り、

「えっ!!」

思わず、絶句した。

そして、

目が釘付けになった。

その奥様の目が、

真っ黒なのだ。

黒いのに、メラメラと燃えているのだ。

俗に言う、霊感は持ち合わせていない。



彼女の目がひたすら怖くて、たまらない。

限られた情報から想像するに、

結婚当初はいわゆる「勝ち組」だったのだろう。

経済的に豊かで、希望に満ちた日々。

それがある時

「当たり前」でなくなった。

「こんなはずじゃ、無かった!!!!!」

彼女の時が、

そこで止まっているように感じた。

収録終了後

後日スタッフが御主人と再会。

「番組をきかっけに家族の会話が増え、

すれ違っていた気持ちが戻りつつある。」と

柔らかく微笑む姿に救われたが

あれは申し訳ないが私にとって、

「この夏一番のホラー」だった。

|

« | トップページ | め~ら~んこりっくに~  髪を~ かっきあげて~♪ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 修 羅 の 時 空:

« | トップページ | め~ら~んこりっくに~  髪を~ かっきあげて~♪ »