« あぁ 今 年 も | トップページ | で ん わ く だ さ い »

時には娼婦のよう~に~♪

なのはな生協は、質実剛健。

取扱商品の吟味厳しく、

特に食品のこだわりと安全性に自信を持っている。

対照的に「売らんかな」精神は控えめだ。

オールカラーの美しい商品案内をめくると

必ず挟まっている白黒コピーのチラシ。

なんかぞんざいで付け足しみたいだが、

この一団にお得商品や名品が隠れているので

見逃せない。

そのうちの1枚に

結構前から加わったアイスクリームのチラシがある。

南国土佐の「久保田食品」さんのチラシだ。

「ほほ~。今の季節にぴったりですな。

どれどれ。」

見ると、カップのバニラアイスが「180円」。

「近所のスーパーのハーゲンダッツのミニカップと

そう変わらないな~。」

食べてみたいけれど

毎週の予算がきっちり決められている財布事情が邪魔をし、

ずっと手を出せないでいた。

ある日そのチラシの中に、

「おっぱいアイス」を発見。

「おお、懐かしい~!」

100円というのにも後押しされ、

注文。

かわゆいクマさんのかかれたパッケージの中には、

まさしく「あの」アイスが。

裏返し、よく読む。
原材料名は「牛乳 砂糖 乳製品 水あめ 馬鈴しょでんぷん粉 バニラビーンズ」

と、いたってシンプル。

そしてこんな感じの文章も。

「強くもむとゴムが破れて中身が飛び出しますので・・・。」

「そか。じゃ優しくしなきゃ。」

手のひらにコロンと乗ったそれを

しみじみ眺め

子供の頃に思いを馳せる。

「何年ぶりかな~?!」と

乳首をハサミで「チョキン」。

吸い付いて、

びっくり。

「お、美味しい~~~!!!」

ハーゲンダッツ張りの極上品が、

チューチューする度

口の中に滑り込んでくるではないか!

「優しくしてね」って頼まれたけれど、

早く次の一口が吸いたくて

激しくモミモミしてしまった。

「こ、これが100円・・・・・・っ!

久保田食品さん、恐るべし・・・・!」

おっぱいにあえなく一撃され、

陥落。

以降カップや棒のアイスなどいろいろ試したが、

はずれ無し!

品質の良さの割りにお値段も安く、

ついついいろいろ注文してしまう。

同じく100円の「アイスまんじゅう」など

やさしく炊いたあんこの美味しさは、

和菓子屋さんのそれと変わらないほどで

感動した。

夏も終盤。

いつまで久保田さんのアイスが食べられるかわからないが、

なのはな生協さんに強くお願いしたい!

「一年中食べたいですっ!!」

強烈に

お勧めだ。

|

« あぁ 今 年 も | トップページ | で ん わ く だ さ い »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時には娼婦のよう~に~♪:

« あぁ 今 年 も | トップページ | で ん わ く だ さ い »