« 何故か字に色が・・・・ | トップページ | み に ど ら ご ん »

心 配 ご 無 用

今日で2012年も終わる。

ということで、母の家へ挨拶に行った。

「母上~、今年もお世話になりました~!」

「ホホ。こちらこそ。」

無事に挨拶を済ませ、

コタツにもぐる。

「ん?」

足の先に、ふわりとしたものが当たった。

「ごめん、ごめん。

誰かにぶつかっちゃった?」

慌ててコタツ布団をめくり、

謝る。

母の家には、犬と猫が2匹づつおり、

大変賑やかだ。

温室育ちの彼らは、

人間よりも寒がり。

よって、

コタツの中はいつも満杯だ。

暗いコタツの中に、

白い毛

黒い毛に

きょろきょろ目玉達が並んでいる。

私の大根キックの被害にあったであろうボディを見つけて、

なでなでで謝ろうと思ったら、

違和感。

(・・・・・・・・)

「あれれ?

いつもより、多いぞっ!!」

母を見ると、

楽しそうに笑っている。

「あっ!!もしかして

生まれたのっ?!」

つがいのチワワのメス

プリマのミニチュア版が、

ちんまり座ってこちらを見ている。

「そんなわけないでしょ。」

「そ、そうですよね。」

一昨日来た時には、

いなかったのを思い出す。

「と、いうことは・・・・。」

「ええ、今日連れてきたのよ。」

近所のペットショップで一目惚れし

衝動買いしてしまったという。

母の経済力を羨みつつ、

その小さな毛玉をそっとすくいあげる。

ふわっふわで、

太り過ぎた先輩のボンレスやプリマとは

まるっきり別の生き物のように華奢だ。

「かわいいですね~~!!

名前は、何というのですか?」

「ぷりんよ。」

「成程~。納得です!!」

小型犬特有の「プルプル」をちょっと心配しつつ、

しばし

一人占め。

コタツにあたりながら、

心の中で天国に呼び掛ける。

(父上、母上にまた家族が増えました。

こちらのことは、

心配いりませんよ。)

今年もまた、

皆元気に大晦日を迎えられた。

有り難や

有り難や。

|

« 何故か字に色が・・・・ | トップページ | み に ど ら ご ん »

ペット」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心 配 ご 無 用:

« 何故か字に色が・・・・ | トップページ | み に ど ら ご ん »