« ハンターたち スギちゃん編 | トップページ | い  つ  も  初  め  て »

ハ  ン  タ  ー  た  ち   その2

雨の合間をぬってする、

薬剤散布が楽しい。

ニームの成分は紫外線で分解されてしまうそうなので、

曇りや太陽が陰になった時間帯を狙って、

ブシューッ。

春は風が吹いていることが多いので、

無風を待つのは無理。

なので、

結構な風があっても、

お隣に迷惑をかけないよう、

ノズルの角度や

噴射口の開き具合を調整し

撒く。

以前は

まんべんなく行き渡るよう

霧状にしていたが、

少し強めに吹き出すようにすると、

風で流されにくいし、

株の間に引っかかっている

黒点病などで落ちた葉や、

へばりついている泡虫などの害虫が吹っ飛ばせて

気持ちいい。

見えないが、

ハダニやアブラムシなども

消し飛んでいるだろう。

そうやって

ちょっとエスな感覚を呼び起こしながらやるのが、

また楽しいのだ。

今年はそのように

小まめにやっているので

いつもよりも毛虫はまばら。

しかしいくら庭のを退治しても、

自然がいっぱいゆえ

他から

「エンヤコラ」と集まって来るのを

防ぐことは出来ない。

さなぎ直前まで育った

大きな毛虫を発見する度、

割り箸でつまんで

プチ。

届かないところは棒でつついて落としたり、

それでは逃げられそうな位置なら

市販の殺虫スプレーを使ってしまう。

しかしそれは、

当分封印しなければならないことに

今日気付いた。

カマキリの赤ちゃんが

生まれたからだ。

セージの葉の上に

ちょこん。

「おぉ!」

卵を振り返ると

やっぱり

ほぐれた糸のようなものがぶら下がって、

あちこちに

ちょこちょこ。

「おぉぉぉ~。」

頼もしい応援団が、

やって来てくれたので、

もう安心!

「今年もよろしくお願いしますね。」

|

« ハンターたち スギちゃん編 | トップページ | い  つ  も  初  め  て »

ガーデニング」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハ  ン  タ  ー  た  ち   その2:

« ハンターたち スギちゃん編 | トップページ | い  つ  も  初  め  て »