« もう場所がないのに・・・・・・ | トップページ | た  ま  に  逆  襲 »

元気になったらお引越し

家族の友人の一人

「白鳩丸」君が今、

療養生活に入っている。

ある日気づいたら、

いつも元気な彼が、

倒れかかっていた。

体型は大きく崩れ

家族によると、

最初別人かと思ったほど

面変わりしていたという。

すぐに助けてあげたかったが、

いつも元気でほとんど

手のかからない彼なので、

看病の仕方を、

家族も私も知らなかった。

なのでネットで調べ、

恐る恐る

その手順に従ってみることにした。

「この辺でいいかな?」

「そだね・・・・!」

「切るよ。」

「うん。」

メスならぬ

我が家で一番よく切れる

ウェンガーのぺティナイフを握って

緊張気味の家族。

病巣と言ってもいいほど変色した部分を

切り落とす。

「うわ、中こうなってるんだ!」

「きれいだね。」

「うん、ちょっとイチゴに

似てる。」

「ティッシュっ!」

「ホイ!」

「あ、皮手袋してから!」

「そか。」

「どこに寝せておく?」

「このザルの上に。」

「乾燥して、気温が下がり過ぎない場所が

いいんだよね。」

「だったら、ここかな?」

友人は今、

ティッシュのお布団にくるまれ、

直射日光の当たらない部屋の隅で眠っている。

彼は

人ばかりの我が家で

たった一人のサボテンだ。

|

« もう場所がないのに・・・・・・ | トップページ | た  ま  に  逆  襲 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 元気になったらお引越し:

« もう場所がないのに・・・・・・ | トップページ | た  ま  に  逆  襲 »