« 言ったもん勝ち | トップページ | 今年はハクモクレンと一緒に咲いてます »

その場合 「米 米麹」 だけの粕を!

最近自分の中に芽生えた

「ためしてガッテンの法則」。

番組を見た当初は

「す、すごい~!」

「いいこと、教えてもらった!」

と大感激。

早速提案通りのレシピや方法を実践する。

程なく

やらなくなっていく。

私の中に残っているのは、

数ある「へ~!」の中から、

ゆで卵のカラがツルンとむける

裏技のみだ。

しかし、それ以外がムダというわけでは

決してない。

この頃続いている

「発酵ブーム」。

納豆やヨーグルトだけでなく

酒粕や麹などが

もてはやされている。

今まで起こった数々の「ブーム」の中には

首を傾げるものあるが、

これらは大変いいことだと思う。

特に酒粕や麹は

単品で「それだけ」を食べまくれるものではないからだ。

他の食品と組み合わせ

毎日の食事に取り入れることで

栄養補強し

味わいを深めることが出来、

いいこと尽くしだと思う。

話を戻すと、

「ためしてガッテン」でも酒粕を取り上げた回は、

とても印象深かった。

これまであまり馴染みのなかった酒粕が、

栄養や効能の面でずば抜けて優れたものだと気付かせてくれたからだ。

酒粕ブームは

「ガッテン」が起こしたと言えるだろう。

その時いくつかのレシピが紹介されたが、

万能調味料として開発された

「酒粕チュウニャン」はしばらくの間

我が家の冷蔵庫に常備されていた。

確かに使うと味に深みが出るし、

中華調味料の名がついているが、

和にも洋にも利用できる。

作り方もそれ程手間でない。

いつの間にか作らなくなったのは、

私がものぐさなことが大きいが、

一番の理由は

「まんま」で十分美味しいからだ。

おみそ汁には酒粕を

ダシ代わりに指3本ですくって入れる。

たくさん入れ「粕汁」にすると

一部の家族からクレームがでるので、

敏感な彼らに気づかれない程度に

量を控える。

最初のうち「この白いのなに?!」

と怪しまれたが、

「お味噌の麹だよ!」と

誤魔化せた。

他には餃子などの混ぜ物や、

煮ものなど

この頃は何にでも投入している。

今日コロッケにも混ぜてみたが、

誰も気づかなかった。

コツは、

必ずグラグラ煮たり火をよく通すことだ。

そうすればアルコールも飛び

お子さんにも大丈夫。

特有のクセも和らぐ。

酒粕はアミノ酸が豊富なので、

入れると確実に美味しくなる。

加えて、悪玉のLDLコレステロールの値を

下げてくれたり、

お通じを改善してくれたりするのだから、

いいこと尽くし!

お勧めだ!

|

« 言ったもん勝ち | トップページ | 今年はハクモクレンと一緒に咲いてます »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: その場合 「米 米麹」 だけの粕を!:

« 言ったもん勝ち | トップページ | 今年はハクモクレンと一緒に咲いてます »