« パンダに食べられちゃったから | トップページ | 言ったもん勝ち »

で へ へ ・・・♡

午前中珍しく風が弱かったので、

「ニーム散布のチャンス!」と準備を始めた。

枝だけの時期と違って、

葉があるとやり甲斐がある。

見回っても見つけられなかった

小さな毛虫が

「これ、嫌い~」と糸にぶら下がって逃げようとするのが

あちこちに。

効果が実感出来れば

更にやる気が出てくる。

ということで

調子よく散布していたら、

噴霧器のタンクが空になったので

一旦室内に戻ろうと引き返す。

「ん?」

地面の上で、何かが動いた。

「ね、ネズミだ~!」

こちらはちょっとビビったが、

アチラはそうでもない。

よく見ると

「もぐもぐ」と口に手を持っていき、

何かを食べているようだ。

程なくパッと踵を返し

走り去る。

「びっくりしたけど、かわいかったな~!」

以前見た大きなネズミとは違って、

コロンと丸い体につぶらな瞳がらぶり~。

「いいもの見ちゃった~!」と、

得した気分に。

「さて、続きを撒こうかな。」

と思って外を見たらなんと、

先ほどの場所にまたネズミくん。

「おぉ!」

急いで家族を呼び、

見せてあげる。

カメラを持ち出し、

何枚も激写。

その後も、「食べて」「帰る」を

短い時間で繰り返している。

彼のお目当ては、先日埋めた生ごみ。

「持ち帰ってるようには見えないけど・・。」

見ているうち、

ちょっとしたいたずら心が湧いてきた。

彼が巣に帰っている間に、

ゴミに土を厚くかけて

踏み固めてみたのだ。

程なくして、戻ったネズミくん。

「あれ?あれれれ?」

と、ご馳走を探し回っている。

あちこちを嗅ぎまわり、

「ここだ!」と定めた場所を

掘り始めた。

手と足を器用に使い、

みるみる自分の体が隠れるくらいの穴を掘り上げる。

小さな体に見合わないパワーに感心。

しかしお目当てにはたどり着けず。

諦めて、帰ってしまった。

以降姿を現さず。

かわいそうなことをしてしまった。

調べてみると彼は

「ハツカネズミ」のようだ。

野ネズミの中でも警戒心が薄いらしい。

「成程~!」

かわゆい姿を心ゆくまで堪能し、

大満足で散布の続きを始めた。

すると突然、

「ママ~!ママ~!!」の声が。

見ると、

ご近所の小さな子が、

泣きながら走り回っている。

「どうしたの?」

と声をかけると、

駆け寄って来てすがりつく。

小さな体を受け止めると、

「ママがいないの~。」と泣きべそ。

「一緒に探そう。」と

壊れそうな小さな手を

そっと握った。

とりあえず

その子の家に、行ってみる。

チャイムを鳴らしたが、

人の気配がない。

(家じゃないとしたらこの子は、

今までどこにいたんだろう?)

見ると長靴を履き、

紅葉の手には土がついている。

「どこで遊んでたの?」

「あっち。」と指を差す。

「じゃ、そっちに行ってみようか。

ママがそこで探してるかもしれないから。」

「うん。」

歩きだそうとしたら、

そちらからお母さんの心配そうな姿が。

「良かったね。」と頭を撫でると、

「うん!」と

嬉しそうに頷く。

「すいません。」

「いえいえ^^」

無事親子の再会を見届け、

ホッとした。

今日はいろいろと

かわいい目にあった。

有り難や

有り難や。

|

« パンダに食べられちゃったから | トップページ | 言ったもん勝ち »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: で へ へ ・・・♡:

« パンダに食べられちゃったから | トップページ | 言ったもん勝ち »