« すぷりんぐふぇすた♡ | トップページ | 等  価  交  換 »

光 る で べ そ

気温が少しづつ上昇し

太陽の角度が変わって日が射す時間が増えてきた。

それにつれ

バラの芽が展開してくるのは嬉しいのだが、

鉢への水やりが必要となるのは

花粉症ゆえ

憂鬱だ。

しかし今年は、頻度がグンと低くなって

大助かり。

サボっているのではない。

サイエンステクノロジーのお陰だ。

「ジュリアン坊や」という商品をご存じだろうか?

金属のスティックの先に

スケルトンの男の子がちょこん。

男の子のボディの中心には

LEDライト。

それを鉢に差しておくと

内部の乾燥具合をライトの色で教えてくれるのだ。

ピーキャットローズさんのバラ苗を買ったらついてきたので、

早速使ってみた。

特にうっかりしがちな

軒下に置いてある

雨が当たりにくい鉢で試してみた。

今までは

一般的によく言われる

「鉢の表面が白っぽくなったらたっぷり」

を守っていたので、

今の時期でも結構忙しいはずだった。

だが今年は違う。

毎日坊やに

「今日はどう?」

とお伺いを立てるが

「まだ大丈夫!」

の返事が返ってきて「今日もいらないの?!」と

ちょっとびっくり。

表面の土は乾き、

いつもなら水やりをするところだが

彼のお陰で中間から下にはまだ水分が残っていると分かる。

ちなみに

ピーキャットさんの季節ごとの水やり作業の頻度が

HPに書かれているが、

意外に間隔があいていて驚いた。

ピーキャットさんでは、

見た目ではなく

鉢の重さで水のやり時を見極めることを推奨している。

余り頻繁に水やりをしていると、

水を求めて伸びる根が

鉢の表面付近に集中し

根を深く張らなくなる

というような記述もあり、

「成程~!」。

しかし、

大鉢に植えて重い上、

枝を結びつけてあるつるバラだと

いちいち持ち上げるのはちょっと・・・・。

そんな時の強い味方が、

「ジュリアン坊や」。

お勧めだ。

株式会社伊勢デジタル

http://ise-digital.com/goods/index.html


|

« すぷりんぐふぇすた♡ | トップページ | 等  価  交  換 »

ガーデニング」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 光 る で べ そ:

« すぷりんぐふぇすた♡ | トップページ | 等  価  交  換 »