« 春よぉ~、遠きぃ~春よ~♪ | トップページ | 極 端 な 性 分 »

自 然 か ら の 恵 み

不意に鳴った電話の向こうの声は、

母だった。

「シチューを沢山煮たから、

取りにいらっしゃいな。」

「ははーっ!」

早速駆けつけると、

大鍋をかき混ぜながら

にっこりと振り向く母。

「もう少しだから、

お茶でも飲みながら待っててね。」

「はいっ!有難うございますっ!」

二人分のコーヒーを淹れ

コタツに足を入れる。

母が運んできたお茶菓子に舌鼓を打ちながら、

「そういえば・・」と

話し出す。

「この頃もらってばかりで・・・。

先日のキジ鍋も大変美味しかったです!」

と遅まきながら、お礼を言う。

ここ数カ月は、

鴨に始まってキジそして今回のシチューと、

母の煮込み料理を味わう機会が多い。

「いいのよ。

知り合いの方に材料を沢山頂いたから作ったのだもの。」

「成程~。

とすると今回もお野菜などを分けて頂いたのですか?」

「いいえ、

ししを頂いたのよ。」

(しし・・・・?)

「えと・・・もしや

イノシシですか?」

「ええ。」

「鴨、キジ、イノシシと。

もしや全部、狩猟をなさるというお知り合いの方からですか?」

「そうなの。」

野生いっぱいの印旛地区。

近郊には、射撃練習場もある環境で

狩猟をたしなむグループも存在する地域ゆえの恩恵だった。

(有り難や、有り難や。)

と心の中で手を合わせていると、

母が話し出す。

「この間鴨を初めて料理して

改めて思ったんだけど、

キジは楽ねぇ。」

「へっ?何がでしょう?」

「鴨はね、羽根をむしっても根元に羽毛が残るのよ~。」

「あぁ、お布団に入っている『ダウン』ってやつですね。」

「そうそう。」

「その点キジは、むしるともうキレイなチキン肌なの。」

「そ、そうなのですか・・・・。」

スプラッタが苦手なので、

話題を変えねばと慌てて思いを巡らす。

が、遅し。

「だから鴨の時は、表面を炙って毛を焼かないといけなかったのよ。」

「(ひぇ~~)そ、そうだったのですか~。」

「今回のイノシシはね・・・・。」

「は、母上!

そろそろお鍋の様子は?」

「あ、そうだったわ。」

よいしょと腰を上げて台所へ向かう母の後ろ姿に、

ホッ。

母よ

どこまで野生なのだ。

|

« 春よぉ~、遠きぃ~春よ~♪ | トップページ | 極 端 な 性 分 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自 然 か ら の 恵 み:

« 春よぉ~、遠きぃ~春よ~♪ | トップページ | 極 端 な 性 分 »