« 行くと必ず大僧正様と出会えるのがラッキー! | トップページ | 色気のない一家 »

祈          念

鏡開きにかこつけて今年も、

お汁粉をたっぷり作った。

いつも「季節の慣わしだから」と

口をつける程度の家族達。

従って残りは全て、

私のおやつになる。

(ふっふっふっ・・・・・。)

小豆の煮える匂いが部屋中に充満すると、

すごく幸せな気分になる。

小さな頃は、

石油ストーブの上に鍋を置き、

コトコト・・・・・・。

おコタに入りながら、

母が味をつけてくれるのを待っていたっけ。

その時のあったかい記憶が

小豆を煮る度に蘇って来るのだ。

一度にたくさん食べてもいいように、

いつもお砂糖控えめにするのだが、

味付け時に居合わせた家族が

「もっと砂糖入れて。」と、

珍しく口を出してきたので、

「ほい。」。

素直に従ったのがいけなかった。

その一足しが鍋の中の小豆を、

万人受けする

すんごく美味しいお汁粉にしてしまったのだ。

急きょ家族達の分はおもちを増量し、

出来るだけお汁粉を節約する作戦に切り替える。

が、

「お代わりっ!」

「こっちも~。」

お椀が次々に差し出され、

お鍋の水位がみるみる下降していくのを

嬉しいような

哀しいような

なんとも複雑な思いで見つめながら

お玉ですくい続けるしかなかった私。

あっという間に

お鍋の底が見えてしまった。

(くすん。

また煮ればいいよね・・・・。)

今年も

家族そろって健康で過ごせますように。

|

« 行くと必ず大僧正様と出会えるのがラッキー! | トップページ | 色気のない一家 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祈          念:

« 行くと必ず大僧正様と出会えるのがラッキー! | トップページ | 色気のない一家 »