« パール パーティー | トップページ | 拝啓 落葉樹様 »

年下に慰められ

先日、

通りがかりの小さな女の子さんを

泣かせてしまった。

補助なし自転車に乗れるようになったのが

すごく嬉しかったのだろう。

私にも覚えがあるが、

誰かに見せたくてしょうがないという気持ち。

徐行運転中の私の顔をうかがいながら、

車の前に「スゥ~」と入ってくる。

その度にブレーキを踏んでいたのだが、

あまりに続くので、

「プチン」。

「プッ」と軽くクラクションを鳴らし、

避けて端に止まった女の子を

追い越しながら窓を開け

「危ないじゃないっ!」

と・・・・・・。

自分でも般若だったと思う。

びっくりしたし

さぞ怖かっただろう。

ごめんね・・・・・・。

大人として、危険な行為を冷静に戒めたというのには程遠い

感情的な仕打ち。

しばらく落ち込んだ。

それから数日後。

「こんにちは~」と呼びかけられ

「こんにちは~!」と振り向きつつ返す。

(あら!)

泣かせてしまった彼女だった。

あの時は気付かなかったが、

よく見ると

大人よりもキチンとご挨拶できると

常々感心していたお子さんではないか!

(それなのに、

あんなことしちゃって・・・・・。)

一人戸惑っていると

遠慮がちに話しかけてくる。

「何してるの?」

「お花植えてるの。」

「ふ~ん。」

それからしばらく、

そこにとどまり

あれこれと話しかけてくれる。

(般若のおばちゃん相手に、

すごい勇気の持ち主だな~。)

と、また感心。

いや~

今の若いもんもなんの!

侮れませんな!

・・・・・・・・・って

人のことより、

少しは成長しなさいよ

自分・・・・・・。

|

« パール パーティー | トップページ | 拝啓 落葉樹様 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年下に慰められ:

« パール パーティー | トップページ | 拝啓 落葉樹様 »