« な だ そ う そ う | トップページ | いつになったら ちゃんとした音が »

そしてまた、寝込む

風邪も大分よくなってきたので、

家族と外出した。

オープンしたばかりの生麺パスタと、手打ちピッツァ店に入ってみる。

ここは、地元では周知の

「すぐ変わるお店」。

ほぼ同時でオープンした併設のパン屋さんは、成田で評判のいいお店で

味も品揃えもほぼ一緒。

今後もちょくちょく利用し、応援したい。

なのでレストランも、

ちょっと期待して、入る。

これまで狭いエリアながら、

いろいろなイタリアンのお店で食べて出した結論は、

「パスタ、ピッツァは差がつきにくい」ということだ。

「差」は、お店の雰囲気、

細やかな接客、

そして、「コース」のお料理やデザートで出るのでは。

もともとシンプルなイタリア料理。

プロの方には失礼かもしれないが、

パスタ系なら材料が揃えやすいし、

素材がよければ

家庭でもお店と遜色ない一皿に仕上げられると思う。

というところに行きついたこの頃は、

「わざわざ高いお金を払わなくても」と、

ランチタイムのイタリアンのお店から足が遠のいていた。

だから、久しぶり。

メニューを見ると、

パスタにはパンとサラダがセット。

飲み物は、両者についてくる。

自分はトマトソースのパスタを注文し、

家族はピッツァ・マルゲリータに、

「シェフの気まぐれサラダ」を別に注文。

飲み物は、聞かれなかったので黙っていると、

パンと一緒に運ばれてきた。

冷めないうちに、口をつける。

カプチーノ・・・・・・・・「甘っ!」。

なんと、甘みがついている。

パン・・・・・薄切りバケットをカリッとさせた2切れに、オリーブオイル。

ここは、「パン屋さん」なんだから

もっと頑張って欲しかったのだが・・・・・・・・・。

この辺りでもう、

入ったことを後悔する。

パスタは予想通り「普通」で、「生麺」と言われなければ気付かない。

ピッツァは直径30㎝で迫力。

家族が一切れくれたので味見。

美味しかった。

女性同士なら、半分こで十分そうだ。

しかし・・・・。

「シェフの気まぐれサラダ」が

プチトマト→スライストマトなだけで

セットのサラダとまるっきり同じとはあんぐり。

・・・・・・・・・・。

随分ものぐさな「きまぐれ」だ。

場所が

悪いのか。

「ここ」はやっぱり

「ここ」なりだ。

具合が悪いのでつい、

辛辣に。

お許しを。


|

« な だ そ う そ う | トップページ | いつになったら ちゃんとした音が »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そしてまた、寝込む:

« な だ そ う そ う | トップページ | いつになったら ちゃんとした音が »