« 今年もお世話になります! | トップページ | 侮 れ な い あ な た »

大掃除よりもまず!

ビーシュリンプの師匠の家で、ぼやが。

連絡を受け、お手伝いに向かう。

家事の原因はなんと、

水槽のサーモスタットの漏電。

火事とは無縁と思って場所からの出火ということで、

ご家族達は大変ショックを受けているらしい。

火が出たのは、明け方の3時ごろ。

全員がぐっすり寝ていたのだが、

各部屋に付けた火災報知機に起こされたのだという。

けたたましいサイレンと共に、

「他の部屋で家事です」のアナウンス。

飛び起き、

全員がまず台所に走ったという。

が、火の気など微塵もなく

静まり返っている。

「誤報?」

などと思っていたら、ガラス戸を通して

脱衣所が真っ赤!

「お風呂だよっ!」

一斉に駆け寄り

ドアを開ける。

すると、

白い煙がすごい勢いで吹き出してきた。

火柱は水槽から天井近くまで上がっている。

幸いタイル張りの壁に

燃え安いカーテンなどもないので

広がらずに留まっている状態。

慌ててバケツに水を汲んで「バシャ!」。

3回繰り返し、消火することが出来たという。

ほっとしつつ、

警報装置を消して回る師匠。

しかし脱衣所から吹き出した煙は家全体に広がり

2度3度と再作動。

窓という窓を開け全て追い出すまで、鳴り続けたという。

「は~~、それは大変でしたね!」

このぼやによる人的被害はないが、

水温が上がり過ぎ

水槽の魚はほぼ全滅。

水槽自体も水をかけた瞬間にヒビが入り

ススで真っ黒になっていた。

師匠と二人で水槽を運び出しながら

ご家族に怪我が無かったことを幸いと言い合う。

真っ黒になったり

熱で溶けてしまったものを並べておくと

早速来てくれた保険会社さんが「バシャ!バシャ!」

と写真に撮っていく。

壁や天井の塗り替え費用や

水槽の関係も保険金でカバー出来るそうで

ホッとしていた。

先日我が家のチャイムが

ピンポーン。

インターフォンで確認すると

火災報知機の設置確認。

少し前に回覧版で予告されていたので、

セールスではないと分かっている。

ドアを開けると

早速質問された。

「どことどこについていますか?」

「階段室と寝室です。」

「はい、結構です。」

師匠の家は大きく個室が多いので

無線で各部屋に情報が伝わる高性能の報知機らしいが

扉が少なくこじんまりとした我が家は

1つが鳴ると家全体に響くので、シンプル機能で個数も少なくて済む。

今回の件で師匠は、

「付けておいてよかった!!!」

と、力を込めて言っていた。

皆さまのお宅はもう、

お済ですか?

「うちは、ペット(犬)が教えてくれるから大丈夫!」

と思っていたら、大間違い。

少なくとも師匠のお家のワンちゃん達は

布団にもぐっていたためか、無反応だったそうです。

|

« 今年もお世話になります! | トップページ | 侮 れ な い あ な た »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大掃除よりもまず!:

« 今年もお世話になります! | トップページ | 侮 れ な い あ な た »