« 人はみかけに | トップページ | 憧  れ  の  9  0  0 »

富 ジ ェ ン ヌ

母が山形から、栗を拾ってきた。

「わ~い!」

早速、茹でて・・・・。

と思ったが、待てよ。

いつも、食べるのはほとんど私一人だ。

茹でたものを冷蔵庫に入れ、

食べたい時に出して

スプーンでほじほじすると、

しっとりと甘くて、幸せな気分になる。

が家族達は、まったく手を出してこない。

(たまには家族にも栗を味わわせなければ。)

と、何故か判らないが殊勝なことを考えた。

「やっぱり、栗ご飯だよね。」

早速、準備に取り掛かる。

といっても、お米をついて

研いで

塩、酒少々と

剥き栗を入れ、炊飯器のスイッチを押すだけなので簡単。

が・・・・・!

栗ってどうしてこんなに、

剥きにくいのだろうか?

見かけは結構おとなしそうなのに、

頑固頑固!

遅々として進まない作業に疲れ、

「栗の簡単な剥き方」を

皆さまから伝授頂こうと立ち上がりパソコンへ。

「成程!」

包丁で外皮次に渋川をむくオーソドックスな方法から

「ガッテン」の圧力なべで10分や、

ちょっと茹でる

焼く

などいろいろある。

中でも、渋皮ごと剥ける

「焼き」をグリルで実践。

包丁で1㎝ほど切れ目を入れ

上下強火で4分ほど焼いてみた。

すると、パチンパチンと栗がはぜる音がして

焼き上がると、

いい匂い~。

「ここはパリ」

の気分になった。

効果を確かめようと、一つ剥いてみた。

確かに、皮が真っ黒になったところは

パラパラと剥けるが、

そこまでいかなかったところは、

やっぱりちょっと大変だ。

ガッテンの圧力鍋を試したいが、

どうやら皮に傷を付けたので空気が抜けてしまい

効果はなさそう。

「なら、いっそ・・・・・。」

栗をアルミホイルで包んで、

グリルにもう一度戻す。

今度は弱火で10分程加熱。

「ほくほくして、

美味し~~!」

やっぱり

一人占めすることになった。


|

« 人はみかけに | トップページ | 憧  れ  の  9  0  0 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富 ジ ェ ン ヌ:

« 人はみかけに | トップページ | 憧  れ  の  9  0  0 »