« 来年は3本で十分 | トップページ | 床が天然木ならたれぱんだ »

入りっぱなしは ダメ!

今、保険関係の見直しをしている。

職場や生協で加入している保険は

「集団扱い」で、個人で入るよりも割安になっている。

割戻も少なからずあるので、

お得感があった。

しかし、月々の保険料を合計して見たら、

結構な金額ではないか!

「これじゃ、お家賃ダブルで払ってるみたいじゃん!」

と、愕然。

慌てて、全ての保険証券を並べ

スリム化しようとする。

しかし!

どれもこれも「自社基準」の書き方や表現なので

一人ひとりの入院保険金額を出すだけで、

四苦八苦。

「こっちは最長60日だけど、

これは180日・・・・」

などの違いもあって、「う~ん」。

簡単に考えていたが、思った以上に複雑で歯がたたない。

普段寝かせっぱなしのつるつるお脳が

この段階で早くもオーバーヒート。

努力した割に、

「そもそも我が家では、もしものときにいくら必要なのか?」

という、

根本的な疑問がさらにくっきりと浮かび上がっただけだった。

そこで、プロにご登場願う。

初めて、

ファイナンシャルプランナーさんに、相談してみたのだ。

我が家の全てをさらけ出し、

「なんとかしてくだせぇ~。」と泣きつく。

「お任せ下さい。」

と余裕の微笑みを返してくれるプランナーさん。

相談が始まり。

数時間。

漠然と「一回きり」と思っていたら、

「では次回に、一覧にした分かりやすいプランを

ご提示します。」

と、お帰りになった。

「ほぇ~~。」

と思っていたら次の日にもう、連絡が入る。

「出来上がったものをご覧に入れたいのですが、

ご都合はいかがですか?」

(は、早~!)

さすが、プロである。

早速来て頂き、拝見させてもらう。

すると、アラびっくり!

現在加入している保険の契約を結んだ10年以上前では

考えられない様な商品が目白押しだった。

あの頃は、年齢が上がると

入れる保険がほとんどない

というイメージだった。

しかし今は、

高齢でも

持病があっても、入れる保険がいくつもある。

もちろん

リスクの分保険料は高額だ。

しかし、

「何にもない」

よりも、選択肢があるだけ進歩な気がする。

いろいろお話を聞くうちに、

「ファイナンシャルプランナー」さんに対する

漠然とした印象が間違っていたことに気づく。

どうやらおいで頂いた方は、

一見「第3者的」な立場であるようだが、

「そうではない」ということだ。

プランナーさんは、

数十社の保険会社が委託する

派遣企業のプランナーさんのようだ。

ということは、

この方の発言には

バックの保険会社に有利なバイアスがかかっているということ。

そう気付いたら、

ちょっとがっかりした。

でも、最新の保健情報は聞けたし、

有効なアドバイスも確かにあった。

まだ相談途中だが、

さて

どうなる我が家の保険。

|

« 来年は3本で十分 | トップページ | 床が天然木ならたれぱんだ »

生活」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 入りっぱなしは ダメ!:

« 来年は3本で十分 | トップページ | 床が天然木ならたれぱんだ »