« みんなで渡れば怖くない | トップページ | 年末を豊かにっ!! »

秋    の    冬

私の周りに、

冬瓜が飛び交っている。

有り難や

有り難や。

最初の頃はそうではなかったので、

なのはな生協で注文していた。

ところがある日

産直野菜ボックスにミニ冬瓜が入っていた。

「わ~い」

早速全部おみそ汁の具にしてみた。

すぐに

なくなった。

それ以降、

毎週のように入っている。

スープの具や、

そぼろあんかけなどにする。

そしてまた今日も

1つ来た。

ボックスだけではない。

ある地主さんの土地の境に設置してあるフェンス。

そこに、

ミニどころか

ゴジラ級の冬瓜が、いくつもぶら下がっている。

育て主さんは太っ腹というか

食べきれないので

地主さん側で結実した分は

好きに取って食べて良いとおっしゃったそうな。

そうして収穫されたゴジラが、

我が家にも度々やってくるのだ。

いくら好きでも、

とても食べ切れない。

「メニューのレパートリー」が少ない

という

致命的な事情を克服すべく努力するが、

どう味を変えても

冬瓜は

しっかり冬瓜なのだ。

贅沢にも

すっかり冬瓜に飽きてしまった我が家。

いつもならすぐになくなるあんかけも、

残りがちに。

「ど、どうしよう・・・・?」

とおろおろしていたら、

産直ボックスを届けてくれる方が

福音をもたらしてくれる。

「冷凍」

という手段を。

そのままでいいとのことだが、

「お味噌汁用」

「料理用」

など、大きさや厚さを変えてカット。

それをジッパー袋に入れ、冷凍庫へ。

お陰で、床の上でゴロゴロしていた冬瓜が、

全てなくなった。

早速、使ってみる。

すると

とけた状態でもう

火を通したように透き通っている。

なのですぐに味がしみて

時間短縮。

「おぉぉ!冷凍すごいぞっ!」

冷凍のままお鍋に放り込んでも、

解凍してから調理しても大丈夫。

なので、

忙しいときに、とても便利だ。

冬瓜の歯触りはほとんど変わらないので、

大きな冷凍庫があったら

一年分を備蓄したい位。

お勧めだ。


|

« みんなで渡れば怖くない | トップページ | 年末を豊かにっ!! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋    の    冬:

« みんなで渡れば怖くない | トップページ | 年末を豊かにっ!! »