« えだまめづくし | トップページ | オンナゴコロトアキノソラ »

す~  す~  が  すき

家族は1年中、2つのアイテムで全てをこなす。

メンソレータムと

キンカン。

剃刀を当てたら、

メンタム。

かゆいときには

キンカン。

と、至ってシンプルながら

その都度こってりと塗りたくるので、

強烈な残り香が迷惑だ。

それを止めさせるため、

昔の話を引っ張り出したことがある。

小学生の頃、保健委員をやっていた時のこと。

2人1組で、昼休みの保健室当番があった。

転んでひざ小僧をすりむいた子などに

メンソレータムを塗ってあげる程度なのだが、

看護婦さんになったようで、

ちょっとわくわく、ドキドキした。

何度目かの当番の時、

「メンタム」を

消毒用のアルコールと

絆創膏にするように先生から指示があった。

「どうしてですか?」

と尋ねると

「メンソレータムだと、化膿する時があるのよ。」

とのこと。

(先生が言うなら、そうなんだろう。)

と納得し、以降言われたとおりに処置した。

ということがあったので、

ひげそり後に毎回たっぷりと

すりこんでいる家族にもアドバイス。

しかし、「いい」

と思い込んでいる家族は聞く耳を持たない。

肌が弱い割に、

今までそういうことがなかったというので、

人によってなのだろう。

ということで、

相変わらず両者を

事あるごとに大量に消費し続けている。

それはいいのだが、

こちらとしては在庫管理が大変だ。

切らしてしまうと、

途端に機嫌が悪くなるので、

完全になくなる前に、補充しなければならないのだ。

蚊にくわれた時たまにキンカンを借り、

手に持った時の重さで「頃合い」を察知。

しかし、メンソレータムはめったに使わないので、

洗面台に置いてある容器を

誤って転がしてしまった時などに、

気付かなければならない。

「面倒だから、買いだめしておこう。」

と思っても、「賞味期限」や「使用期限」に縛られるタイプだから、

厄介だ。

期限ぎりぎりだったりするともう、

「使えない!」

と投げ捨てる。

両方とも一番容量の多いものなので、

「そっか、仕方ないね。」

と簡単に諦められないお値段する。

なんとか数字をいじって、

家族を誤魔化せないかと真剣に容器を見つめ続けたときもあった。

しかし今は、

大分私の勢力が強まり

家族に強制出来るようになった。

「大丈夫!死なないからっ!!」

と、それで今日も押し切っている。

|

« えだまめづくし | トップページ | オンナゴコロトアキノソラ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: す~  す~  が  すき:

« えだまめづくし | トップページ | オンナゴコロトアキノソラ »