« 剃ったら すごいんです | トップページ | 天 然 バ ラ ム チ »

チ  ン  ♪  の  嵐

「渡る世間」にて。

「眞!ほらっ!!」

早朝朝食もとらないで出社しようとする息子を、五月は慌てて呼び止めた。

手渡したのは、お弁当の包み。

よく見るシーンだが、今回は違った。

続きがあったのだ。

お昼になって一息ついたえなりくんは、自分の席でお弁当の包みを開く。

上司がそれを見て、「過保護だな」というような発言をし、えなりくんに同情する。

えなりくんもえなりくんで、

「親がうるさくて、嫌になる。

早く、一人立ちしたい。」と答えた。

(ほ~。

職場でお弁当を食べていると、独身の人はそういう目で見られることもあるのか~。)

と、その時初めて気がついた。

妻帯者の方は、「愛妻弁当」とか言ってからかわれるし、職場のお弁当持ちって大変なんだな~。

と、今更ながら思い至る。

自分でも以外で理由を確認したことはないのだが、

家族は毎日、お弁当をすごく喜んで持って行く。

中身は、決してゴージャスでも盛り沢山でもなく、ごくシンプルなのに。

なので、

「やっぱあれかな?

お小遣いが減らなくて済むから。」

と、想像している。

そんなことを考えながら見ていて突然、えなりくんの手元にくぎ付けになる。

「あっ、家族のお弁当箱と、同じやつだ~!!」

鞄の底に合うようにスリムサイズで、2段式。

カラになったら入れ子に収納出来、帰りは半分のサイズになるものだ。

全く同じお弁当箱に、五月は一体どんなものを詰めているのだろうか・・・・?

興味津津で見ていると何と、

我が家とはご飯とおかずを入れる容器を逆に使っている。

我が家はメタボ家族のために、小さな方を「ご飯」としている。

しかし五月は、そちらにおかずをたっぷり詰め、大きな方を半分に仕切り、ご飯と更におかずを詰めているではないか。

(す、すごい・・・・っ!)

(あんなにいっぱいのおかずスペース、毎朝どうやって埋めているんだろう?)

よく聞くフレーズ

「お弁当を作るので、一時間早起き。」

(私には、出来ないっっっ!!)

しかし「幸楽」で朝から晩まで頑張っている五月は、やっている・・・・!

・・・・・・・・・・・・。

自己嫌悪に苛まれ、その後のスト―リが、

全く頭に入らなかった。

|

« 剃ったら すごいんです | トップページ | 天 然 バ ラ ム チ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チ  ン  ♪  の  嵐:

« 剃ったら すごいんです | トップページ | 天 然 バ ラ ム チ »