« 窓を開け~れば~♪ | トップページ | エキゾチィィィ~ックゥ ジャピャャァン♪ »

茶       柱

コミック雑誌「本当にあった怖い話」が、「HONKOWA」に生まれ変わった。

とはいえ、以前と読後感はほとんど変わらず。

霊能力者の本格的実話を大黒柱に、「怖い」というよりも「不思議」レベルで終わる、エッセイ的ルポ的な新連載でお茶を濁す感じだ。

という訳で、相変わらず「読み応えのあるもの」

と「そうでないもの」の差が激しいままで、がっかり。

(毎回2カ月待ってこれじゃな・・・・。)

と、申し訳ないが思ってしまった。

かといって、作品化出来る「実話」が簡単に湧いて出る訳では無いということは、重々承知しているが・・・・。

新生「ほん怖」に期待していただけに、ムッ。

「だったら雑誌購読を止めて、読みたい数本のシリーズが単行本化するのを待った方がいいかな。」

とまで思ってしまった。

けどな・・・・・。

「廃刊」

になったら、元も子もないし・・・・。

などと、縁起の良くないことを考える。

たった一冊だけど、売上に貢献することもファンの務めだよね・・・・。

単に怖がらせるだけのものではなく、生きる上において教訓になることがいっぱいのいい作品は、ずっと読み続けたい。

ということで、

これからも奇数月を「楽しみ」としますか。

|

« 窓を開け~れば~♪ | トップページ | エキゾチィィィ~ックゥ ジャピャャァン♪ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 茶       柱:

« 窓を開け~れば~♪ | トップページ | エキゾチィィィ~ックゥ ジャピャャァン♪ »