« フレ~ フレ~ お・そ・ばっ! | トップページ | おとしだまんだりん »

三 が 日 の 三 昧

新春のお喜びを申し上げます。

ということで、一日かけての親せき回りを終え、ホッと一息。

今年も義務を果たせたという満足感で、つい食べ過ぎてしまうのが玉にキズのお正月。

年末にかけての「華ヤカ哉、我ガ一族」フィーバーはしばし封印して、溜まった本を読むというのが、三が日の目標だ。

大鍋いっぱいにお雑煮を作り、おせちを盛り付けたタッパーを冷蔵庫にスタンバイ。

「食べたい人が、勝手に食べてね。」

という無言のメッセージを発しながら、読書三昧する予定。

それでも、

「お腹空いたー。」

などと言う空気の読めない家族は、新年早々後悔することになるだろう・・・・。

がっ!

昨年に引き続きまた、やってしまった・・・・・!

本の洗濯。

江原さんの「前世」に関する本が、今回の被害者(本)。

本の装丁が頑丈だったからか、以外にもほとんどの部分が無事だったのに、

表紙の江原さんの姿だけが、忽然と消えていた・・・・・!

というミステリーに見舞われ、早々に出鼻を挫かれた感じだ。

でも、負けないっ!

江原さんのご本を乾燥させている間に、畠中恵さんの「つくもがみ貸します」を、読もうっと。

|

« フレ~ フレ~ お・そ・ばっ! | トップページ | おとしだまんだりん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三 が 日 の 三 昧:

« フレ~ フレ~ お・そ・ばっ! | トップページ | おとしだまんだりん »