« エキゾチィィィ~ックゥ ジャピャャァン♪ | トップページ | スーパーじゃなくてウルトラ »

字  に  地  が  出  る

年を重ねるごとに、字を書くことが苦手になってきたのが、気になる。

一応お習字を習ったり、高校時代に選択してそれなりにやってきたのだが、自分でも判別不能の時がある程、崩れてきている。

それに比べて、人様は・・・・・。

と、お店の人などが、キチンとした字でスラスラと伝票を埋めていく手元を、うっとり眺めている。

「なんでだろう?」

名前や住所などを書く時は、大丈夫なのだ。

フム?

「あ、そうだ!」

と一つ思いつく。

「文章が頭に浮かぶ速度と、手の動きの差があり過ぎるのでは?」

つるつるお脳は、記憶をとどめておくことがとても苦手。

「早く書かないと、忘れちゃうっ!」

「と焦って書くため、つい速記文字のようになってしまうんだ・・・・。」

加えて、最近手で書くことよりも、キーボードで入力することの方が断然多い。

そうすると、難しい漢字もお利口なパソコン君が即座に変換してくれるし、

曖昧な固有名詞も、たちどころに正確なものを提示してくれる。

それに慣れてしまっているので、手書きがまどろっこしいことこの上ない。

ところで私が書く長文の代表は、「手紙」だ。

受け取った方は、さぞ苦労して読んでるんだろうな・・・・。

と思いつつ、その解読能力を当てにして毎回そのまま送ってしまっている。

今更だがこのままでは相の方手に申し訳ないし、自分も嫌だ。

この辺で、改善策を講じねば・・・・。

と、遅まきながら考え始めた。

「そうだっ!」

と、つるつるお脳が珍しく閃いた。

「パソコンで、手紙の下書きを書けばいいんだっ!」

「ほほ~。

それ、いいかもしれないね。」

と、一人でブツブツ。

あれ、でもそれ、やったことあるような・・・・。

そうあれは、裁判を起こした時。

訴状などの下書きをパソコンで打って持参し、裁判所のカウンターでチマチマ清書した。

・・・・・・・・・。

あの時の字も、やっぱミミズもどきだったっ・・・・け。

結論。

単に

手が・・・

手が怠け者になったんですな・・・・。

決して、

老化では・・・・・ない

ハズですたい!

|

« エキゾチィィィ~ックゥ ジャピャャァン♪ | トップページ | スーパーじゃなくてウルトラ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 字  に  地  が  出  る:

« エキゾチィィィ~ックゥ ジャピャャァン♪ | トップページ | スーパーじゃなくてウルトラ »