« 仏の顔も3度まで | トップページ | O  型   と   A  型 »

ゴ  マ  フ  ト  ド

「ほくろが体に100個以上ある女性は美人で長生き」

というような見出しがあった。

ほほー。

早速、読んでみる。

すると、その根拠については触れていなかったが、

女性二卵性双生児1200組を調査したイギリスの研究結果で、

ほくろが100個以上の人は、25個以下の姉妹よりもがんにかかりにくく、心臓も丈夫な傾向があるという。

骨粗しょう症になる確率も50%程低くなり、若く見られることが多く、顔のシワが少ないとも。

そ、そうなのかー!

何を隠そう私は、ほくろだらけ。

片方の手首周辺だけで、軽く10は越える。

全身なら、100個以上は確実だ。

顔や手など露出する部分に多く、

体幹部や足など服に覆われているところは少ないので、紫外線が影響しているのだろう。

ほくろはメラニン色素が増殖したもので、黒アザの一番小さなものだというし。

ほくろいっぱいなのは小さな頃からで、

時が経つと薄くなっていくものが多い。

しかし、どんどん新しいものが生まれ、数えたわけではないが、総数としては変わらないかむしろ増えている印象だ。

気づいたら、そう広くない範囲に小さなものがいくつも発生していて、「だ、大丈夫かな?」と、自分でも怖くなるときがある。

しかし・・・

そうかぁ~。

これって、お得なことなのか~。

と、ニュースを読んで、嬉しくなる。

「美人」という部分だけ該当していないのは、とても残念だが・・・。

これって男性にも当てはまるらしい。

ということで、

「ぶどうパン」

というあだ名だったという、野球の桑田さん、

お互いに元気で長生きしましょう!

|

« 仏の顔も3度まで | トップページ | O  型   と   A  型 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴ  マ  フ  ト  ド:

« 仏の顔も3度まで | トップページ | O  型   と   A  型 »