« ハッピーバッグ 追加だよ! | トップページ | 美女には必須だけど »

永遠の18歳ごっこ

大学の学園祭で、メイド喫茶を初めて体験。

それで・・・・

というわけではないが、私は今、「メイド」さんになっている。

実は「這い上がり」フェチ。

その苦労を自分でするのは微妙だが、小説やコミックの主人公が、不遇な境遇から幸福に向かうストーリーは、大好きだ。

コーエーの「ネオロマンス」具体的には、「アンジェリーク」「遥か」各シリーズのゲームしかやったことがなかったが、「それ系」のゲームを知り、初挑戦中。

名家のメイドさんとして働き始めた、田舎から出てきた少女。

そこでお仕えする、お坊ちゃまと・・・・・・。

という、ゲームだ。

私が語ると、何故かすんごくエッチなニュアンスが加わるが、表現は健全。

過激な描写はすごく苦手で心配していたのだが、30代のご長男でも「チュ」位だったので、弟君達とも安心して遊べそうだ。

由羅カイリ先生や水野十子先生の現実離れした美しすぎるキャラとばかり遊んでいたので、リアル表現のお坊ちゃま全員に魅力を感じることが出来ず、正直最初戸惑った。

しかし、このゲーム、

「飴と鞭」の加減が、絶妙。

ピシリ!と使用人としての節度を求められるかと思ったら、

次には一転、甘えないとダメ!

と、油断が出来ないのだ。

んで、

結論としては、面白い!

いつも攻略本を片手に、完璧に進めなければ気がすまないのだが、調べたら数千円もするではないか。

とりあえず、ぶっつけでやったが、めでたくゴールイン!

けど、どうやったら主人公の「教養」レベルを上げられるのか?

(もしかして、プレーヤーと同じ設定になるのか?!)

毎週土曜日の「フリータイム」を効率的に使うには?

など、なぞがいっぱい。

むむ。

あ、

「華ヤカ哉、我ガ一族」というゲームです。

|

« ハッピーバッグ 追加だよ! | トップページ | 美女には必須だけど »

ゲーム」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 永遠の18歳ごっこ:

« ハッピーバッグ 追加だよ! | トップページ | 美女には必須だけど »