« 鬼に笑われたって | トップページ | ヴィーナスとの逢瀬 »

やさしい ちきゅうものがたり2011

季節は秋から冬に。

今年も来年のカレンダーを選ぶ季節になった。

もう十数年になろうか。

「合成洗剤ではなく、石鹸を使いたい!」

と、船瀬俊介さんのご本がきっかけで始まった、「障害者労働センター」さんとのお付き合いは。

現在ではスーパーや生協さんで扱われるようになり簡単に手に入るようになったが、当時石鹸製品は、限られたところから取り寄せるしかなかった。

そのひとつが、大阪枚方市にあるこのNPO法人さんだ。

廃油を集めて石鹸を作るほか、オリジナルカレンダーも販売しておられる。

ほんわか心温まるタッチと色合いで、見る度心癒されるカレンダーだ。

イラストはプロの手によるもので、「モム」という小人さんたちの四季を見せてくれていた初代吉田たろうさんがお亡くなりになり、現在は牧口一二さんが手がけておられる。

オリジナルカレンダーが誕生してなんと、27年目になるという。

今年もその発売が始まったとお知らせを頂いたので、早速申し込んだ。

送料込みで、一部千円。

二ヶ月が同時に見えるようになっている。

カレンダーだけでなく、オリジナルのポストカードや「パックス」などの石鹸製品も豊富。

今回は新発売の「オリーブ石鹸シャンプー」がよさそうなので、カレンダーと共に送ってもらうようお願いした。

ネットから申し込むと、送料無料ラインが引き下げられるのでお得。

ぜひ一度、ご覧になって頂きたく、ご紹介させていただきます。

障害者労働センター ネットショップ

http://homepage2.nifty.com/parson/roudousenta.htm

|

« 鬼に笑われたって | トップページ | ヴィーナスとの逢瀬 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やさしい ちきゅうものがたり2011:

« 鬼に笑われたって | トップページ | ヴィーナスとの逢瀬 »