« 来  年  買  い | トップページ | 富 里 動 物 小 噺 »

買うとお腹がすくのだ~れだ?

あれ、いつの間に・・・・?

気付いたら、財布の裏地がボロボロになっていた。

「財布は、毎年買い替えましょう。」

風水の先生だったかが、何かに書いておられた。

お金にも、意思がある。

大事にする人のところに、多く巡ってくる。

という。

その方は、お札と小銭は別にするように言っていた。

更に、お札は折らないようにし、キチンと整理する、

とも。

ほほー。

それでお金くん達が沢山やってくるなら、いいもんだな。

と思い、素直に従・・・・・・

わなかった。

探してみると、小銭入れ無しの長財布は結構ある。

が、

デザインが何故か、男性好みのものが多い。

男の人って、お財布を2つ持っている人が多いのだろうか?

という訳でまず、気に入った財布を見付けられず、やる気が削がれ、

立ち止まってよく考えたら、それを実行することは自分には無謀に思えてきた。

一緒でも、レジであたふたとする不器用さである。

分けたら、どんなハプニングに見舞われるか、知れたものではない。

落とす、失くす、慌ててこぼす・・・・だよね、やっぱ。

や~~めた。

と、馴染みのお財布に「浮気しそうになってごめん!」と謝り、引き続きお世話になっていた。

あれから数か月。

中張の皮がボロボロになって、剥がれかかっているのに気付かなかったとは、どこまで鈍いのか。

外からは何ともないので、使えないことはないのだが。

う~~~ん。

どうしようかな。

今のお財布は、「いたがき」のものだ。

イオンモール成田が、イオン成田ショッピングセンターの頃、出店で購入した、私にとっては奮発品。

無料で名前を入れてもらった、思い出の品でもある。

「小銭入れ」という品名の小さなお財布だが、

中が仕切られているので、二つ折りのお札が入り、且つ小銭を分けて入れられる優れもの。

紅白の紐のついた五円玉が入っていたのも、嬉しかった。

さすが「いたがき」で、切りっぱなしの皮のポケットのフチが、何年たってもヘタれず、変形もしない。

すごいなぁ。

と感心していたら、中が先に傷んでしまった。

修理出来るのかな?

とも考えたが、年齢のせいかこのところ、この小さなお財布が行方不明になることがままあり、心臓に良くない。

大抵、鞄の底に潜り込んでいるのだが。

使い始めて、かれこれ8年程になるか。

そろそろ、カジュアル路線を卒業して、長財布を持つようにしようかな?

とも、考えている。

迷っている時、探している時が、買い物は一番楽しい。

じっくり迷わせてもらおう。

|

« 来  年  買  い | トップページ | 富 里 動 物 小 噺 »

ショッピング」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 買うとお腹がすくのだ~れだ?:

« 来  年  買  い | トップページ | 富 里 動 物 小 噺 »