« 五人娘も美味しいよっ! | トップページ | 文 具 40 人 分 »

日本人には丁度良い

ひかりTVのお世話になって、丸2カ月が過ぎた。

初めの頃は、面白い番組が目白押し、見たいビデオは山のようにあって、「とにかく見なきゃもったいないっ!」と、ガツガツしていた。

すると生活がテレビ中心になってしまい、日々のペースが乱れるように。

何と言っても「おもしろい」のが、ウィークデーの毎日夜11時から始まるのが、一番痛い。

見終わって布団に入るのが、日付けがかわってからになってしまう。

起きる時間は同じだから、いつも寝不足状態でヘロヘロに。

しかしここのところ、ようやくテレビに振り回されずに済むようになった。

それは、地上波と違って、「これっきり」でないことが分かってきたから。

ドラマに限らず、同じ内容を複数放送することがほとんど。

なので、見逃しても安心なのだ。

そしてもう一つ。

これは私限定かもしれないが、「見過ぎ」た。

最初は幅広く視聴していたのだが、時間の制約もあり、興味の幅が自然に狭まってきた。

今私は、「科学捜査もの」が、一番好き。

なので、複数の「それ系」を見続けているうち、次々に起こる不可解な事件に免疫が出来たきたのだ。

あちらの文化や生活環境に毎回「へぇ~!」と思うことがあって興味は尽きないが、ちょっとやそっとじゃ驚かなくなってきた。

それは、最初は(うわぁっ!!)と目をそむけてきた「死体」にも。

今はどんなにひどい状態で出てきても、平気でご飯をむぐむぐしている。

そして、以前はすごく好きだったのに、そうでもなくなったものもある。

それは、「ゴースト」。

幽霊が見える超美女が主人公で、毎回その衣裳を見るだけでも楽しいドラマだ。

しかしあるシリーズで彼女の身近な人に不幸が起きる。

以降、「ゴースト」よりも、その人とのかかわりや葛藤の比重がアップ。

「1」のいちゃいちゃは何とか目をつぶれたのだが、「もう勘弁して」と言いたくなるほどにヒートアップ。

別にイヤらしい訳ではないのだが、「ラブ」の面は削って、「ゴースト」を優先したお話に戻して欲しい。

と、感じるように。

ので最近は、「ミディアム 霊能捜査官アリソン・デュボア」の方が好きだ。

エドガー・ケイシーのように、夢でメッセージを受け取る彼女は、とっても素敵な金髪の持ち主。

艶々のストレートヘアは短くカットされているが、まるでヒヨコのように生命力に溢れた光を放つ。

彼女の娘たちにもそれは受け継がれ、4人揃うとまばゆい春の日差し。

彼女が見る断片的な夢の謎をひも解く楽しさと、夢の中の住人に起きた悲劇に、自分のことのように真剣に向き合う彼女の優しさに毎回感心する。

ダーリンとのラブもあるが、軽いタッチで好感が持てるし、清潔感があって私には丁度良い。

しかしお陰で、遠出が出来なくなってしまった。

何故ならお昼丁度、ご飯を用意しテレビの前に座らなくてはならないから。

「アリソン」は、再放送がないのだ。

いやあるかもしれないが、私の活動時間内ではないのは確か。

という訳で、

「無料視聴期間中の今月一杯に限って、

月~金には、お仕事お断りさせて頂きます!」

って、やっぱりテレビに振り回されてた・・・・・!

|

« 五人娘も美味しいよっ! | トップページ | 文 具 40 人 分 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本人には丁度良い:

« 五人娘も美味しいよっ! | トップページ | 文 具 40 人 分 »