« ふ  ぇ  い  す | トップページ | 本当にできたらいいのに »

ハートのしっぽを捕まえろッ!

国立天文台から、お誘いのメールが来た。

オーストラリアの天文学者ハートレイさんが発見した二つ目の彗星が、今度のターゲット。

今年は発見されて以来最接近ということで、期待されている。

彗星は動いているので、観測する日付けによって見える位置が異なる。

ぼぅっとガス状のものに覆われた、ぼんやり見えるのが目印だという。

それ程明るくないので、22時から0時に月が沈む、キャンペーン初期10月14日~16日が見付けやすいかもしれない。

ちなみに、15日の0時頃は、ペルセウス座のすぐ側で見えるなどの情報もHPにあるので、目安になろう。

北東の空から上がって来るので、22時頃、地平線から30度の当たりから探して見よう。

彗星らしい天体を見付けたら、すかさず天文台にご報告。

期間中何度でも観測情報を寄せて欲しいというので、出来るだけご協力したいと思っている。

「見つからなかった」という報告も、貴重なデータになるので、「是非に」とのことだ。

キャンペーンのひと月、にわか彗星ハンターになろうと今からワクワク。

詳しくは以下星空への招待状を、ご参考に。

ハートレイ彗星は、太陽のまわりを約6年半の周期で回っている周期彗星です。
この彗星が今度太陽に最も接近するのは10月28日ですが、たまたま今回は、
その直前の10月20日から21日にかけて、地球と彗星が約0.12天文単位にまで接
近します。太陽にも地球にも近くなるため、その前後、ハートレイ彗星は4等
から6等程度まで明るくなると予想されています。
4等から6等というと、空の暗い場所では肉眼でかすかに見えるかもしれません
し、空の明るい市街地でも双眼鏡などを使えば観察できそうな明るさです。

そこで国立天文台では、多くのみなさんにこのハートレイ彗星を観察していた
だこうと「地球に近づくハートレイ彗星を捉えよう」キャンペーンを実施しま
す。期間は、10月14日 (木) 夜から11月14日 (日) 夜 (15日 (月) 朝) です。
キャンペーンは、この期間にみなさんにハートレイ彗星を観察していただき、
観察日や観察方法、彗星を見ることができたか等を報告していただくというも
のです。携帯用ページも併せて用意しましたので、お気軽にご参加ください。
キャンペーンページのアドレス (URL) は以下の通りです。

パソコン用:http://naojcamp.nao.ac.jp/phenomena/20101014/
携帯用:http://naojcamp.nao.ac.jp/i/phenomena/20101014/

このページでは、ハートレイ彗星の見える位置や観察方法、お勧めの観察期間
などを詳しく解説していますので、観察をするときの参考にしてください。
またみなさんからご報告いただいたデータから、ハートレイ彗星をどのくらい
の人が観察できているかなどを自動的に集計し、キャンペーンページに掲載い
たします。こちらもお楽しみください。

みなさまのご参加をお待ちしています。
今回のキャンペーンは1ヶ月間の長丁場となりますが、継続的に観察をするこ
とで、彗星の動きや、明るさ・見え方の変化を実感していただければと思いま
す。

国立天文台 天文情報センター

|

« ふ  ぇ  い  す | トップページ | 本当にできたらいいのに »

学問・資格」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハートのしっぽを捕まえろッ!:

« ふ  ぇ  い  す | トップページ | 本当にできたらいいのに »