« 残   暑   用 | トップページ | 半世紀ぶりの »

小物は悩みもちっちゃ!

ただならぬ暑さの毎日に、エアコンが大活躍。

例年だと、どんなに暑くても昼間は絶対に使わなかった。

しかし先日、軽い吐き気に、頭痛。

体が重く、思うように動けない。

こ、これはまるで、熱中症の症状ではないか!

自分の体がどうとかいう前に、

「エアコンの電気代をケチって、熱中症に倒れる。」

という新聞の見出しが、頭に浮かんだ。

以降、1階と2階を行き来するだけで汗が噴き出すような日には、我慢せず昼間もスイッチを入れるようにした。

そうすると、やっぱり調子がいい。

暑さでボーッとして何もやる気が起きなかったのが嘘のように、色々なことに気が回り、こなせるようになった。

お陰で家の中がみるみる片付く・・・・・

はずなのだが、

そうはならない。

それは、ひかりTVのせいだ。

海外特に、アメリカのドラマがどれも面白く、ちょっと時間があるとスイッチを入れてしまう。

すごいなぁ、

やるなぁ・・・!

と、量と質の両立に、心底感心する。

日本と比べ、需要と供給が桁違いに多いし、

多民族国家で、個性的な人々が混ざって暮らしているので、ネタには事欠かないからかもしれないなと、勝手に想像する。

慣れてしまったが、最初違和感を感じたこともある。

それは、

「始まり」と、「終わり」だ。

日本のドラマは、オープニングもエンディングも、とにかく力が入っている。

ドラマのテーマ曲がヒットにつなることも多々あるので、ベテランさん新人さん問わず起用される。

アニメもしかり。

場合によっては、オープニング、エンディングというよりは、唄っているミュージシャンのプロモーションビデオと化しているものすらある。

対してアメリカのドラマは、その点がきわめてシンプル。

ドラマのあらましや人物紹介が手短にされ、唄のないテーマ曲が流れるだけ。

エンディングは、キャストやスタッフのクレジットが同じ曲とともに映し出される。

しかも、黒い背景に白抜き文字と、共通している。

もしかしたら、こちらで放送するに当たって統一されているのであって、本国では違うのかもしれないが。

目に見えることだけで判断して申し訳ないが、

日本のドラマも、出入り口より、中身の充実に力を入れて欲しいなー。

などと思ってしまった。

共通点も、ある。

それは、どんなに優秀でカッコイイ人でも、悩みを抱えているということだ。

才色兼備で大活躍の主人公達も、家に帰れば孤独であったり、家庭内に深刻な問題があったり。

あの美輪さんが、おっしゃっていた。

「今まで生きて来ましたけどね、『羨ましい』と思った人は、一人もいませんよ。」

どんなに容姿が美しく、いい家柄で、お金にも不自由しない。

傍目には何不自由ないように見えても、悩みが無い人はいないと。

成程。

世界共通だ。

もちろん、それがドラマ全体に深みを出し、視聴者からの共感を得るための手法だと分かってはいるが、作るのも見るのも同じ「人」だからこそ。

とにかく、有難や~

有難や~

と、毎日楽しませてもらっている。

視聴用に、テレビ座椅子まで注文してしまった程、画面の前を占領してる。

これ、お試し期間が終わっても、返せるかな~?

というのが、今一番悩ましいことだ。

|

« 残   暑   用 | トップページ | 半世紀ぶりの »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小物は悩みもちっちゃ!:

» 【UFO】 ピンクレディー復活!懐かしの画像や動画 【昭和】 [ピンクレディー復活!]
昭和のスーパーアイドル、ピンクレディー復活!懐かしの画像や動画 [続きを読む]

受信: 2010年9月 5日 (日) 02時20分

« 残   暑   用 | トップページ | 半世紀ぶりの »