« 常 春 が 夏 に | トップページ | せっかく ニッカ »

日本人でも知らない日本語

いい年にもかかわらず、まだ正しい日本語を使いきれていないことが露呈する度、自分で自分が情けない。

わたなべさん

の、旧漢字が、区別できない。

渡邊さん

渡邉さん

が同席していて、その話題になった時初めて、お二人のなべの字が違うと知った。

まじまじと見つめる。

ほ、本当だ・・・。

まるで、間違い探しのような・・・・!

と、失礼ながら感心してしまう。

(また一つ賢くなったわい。)

このように気付かないままできたものが、数え切れないほどたくさんあるに違いない。

ところでここ富里は、農業がとても盛ん。

お米にお野菜そして、お花。

あちこちに、切り花農家さんに、球根畑、そして鉢花ハウス。

近所にあるシクラメン農家さんの看板は、ずっと「クラメン」のまんま。

意味は通じるからいいのだけれど、細かいこと程気になる性格なので、、そこを通る度に引っかかる。

FIFAワールドカップ決勝前日。

試合直前の、優勝予想で番組が盛り上がる。

各チームの特徴が解説され、コメンテーターさん達の意見も出尽くした。

番組も終盤、司会の人が、力強く促す。

「さぁ、明日の優勝国はズバリどちらですかっ?!」

と聞かれ、

「はいっ!」

手にしたボードを、勢いよく裏返す元サッカー選手さん。

「スペイ」ですっ!!

以降その人がテレビに出ていると「あ、スペイソの人!」。

「ツ」と「シ」

「ソ」と「ン」

こっちは、大丈夫だ。

|

« 常 春 が 夏 に | トップページ | せっかく ニッカ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本人でも知らない日本語:

« 常 春 が 夏 に | トップページ | せっかく ニッカ »