« オットセイでも アシカでもなく | トップページ | ひとりで できるもんっ! »

☆ の シ ャ ワ ー

8月11日から、国立天文台のHPで「夏の夜、流れ星を数えよう」キャンペーンが始まる。

前回のキャンペーンは、真冬だった。

パンパンに着込んでの観察に比べると、この時期は天国。

虫に気をつければ、長時間でも苦にならない気候だ。

夏休みだし、お子さんと星空を挟んでのコミュニケ―ションなどいかがだろうか。

今回の「ペルセウス流星群」は、時間に気をつければ方角を選ばず、流れ星が見えるそう。

8月12日~13日にかけての夜か、

8月13日~14日にかけての夜が、見られる流星の数が多いとのこと。

時間は、放射点(流星群の中心)が上昇する夜9時から夜明け直前が見付けやすいようだ。

天候などの条件に恵まれればだが、多い時は、一時間に30個。

平均すると、2分に1つの割合位でキャッチできると、予想されている。

その位の間隔なら、お子さんも次々見付けられて、大喜びなのでは。

誰が一番たくさん見付けられるか、競争するのも楽しそうだ。

ちなみにふたご座流星群のときは、10分待って1つ。

位の成果だったので、根気と寒さに負けない根性が必要だった。

台風が接近しているのが気になるが、夜空に星が見えたら、ちょっと外に出てしばらく見上げてみては。

「ペルセウス座流星群」は、

1月の「しぶんぎ座流星群」

12月の「ふたご座流星群」

と並んで三大流星群の一つ。

キャンペーンに参加するのも、よし。

これをきっかけに、他の2流星群を追いかけるのも楽しいかもしれない。

HPでは各地の報告も見れるので、夏休みの厄介な(?)宿題「自由研究」もお茶の子さいさいだ。

詳しくは、国立天文台HPへ。

パソコン用:http://naojcamp.nao.ac.jp/phenomena/20100811/
携帯用:http://naojcamp.nao.ac.jp/i/phenomena/20100811/

|

« オットセイでも アシカでもなく | トップページ | ひとりで できるもんっ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ☆ の シ ャ ワ ー:

« オットセイでも アシカでもなく | トップページ | ひとりで できるもんっ! »