« 黒髪の弾け美女 | トップページ | 残   暑   用 »

バ  ッ  グ  考

またバッグかえたの?

あなたは、よくバッグ買うわね!

と、母の家に着くなり言われ、

あのあのっ・・・・・!

不意打ちを喰らってしどろもどろになっているうち、母の興味は他に移って会話が止まった。

母上、それは大きな勘違いです!

私、物もちがいいんですよ。

別に、「お金の無駄遣い」と責められた訳ではないのだが、条件反射的にいい訳をしたくなる。

この日は、夏用のカゴバッグに替えたばかりの日だった。

ちなみにこのバッグは、4年前に買った物。

夏の期間しか持ち歩かないので傷まず、クワガタのように年をまたいで活躍しているのだ。

それ以外は、「ぱなし」。

秋から春まで、同じバッグを担いでいる。

それも、隅が擦り切れて穴があいたり、取っ手がちぎれたりするまで、ずっとだ。

なのに、母上ったら・・・。

しかし、「ぱなし」って、服装によってバッグも変えるオシャレな方にとっては、信じられないだろうか?

単に、その都度中身を入れ替えるのが面倒なだけなのだが、もう一つの理由がある。

それは、そそっかしいからだ。

大事なものを移し忘れ、今まで何度泣いたことか。

例えば、駅に着いて、定期がないことに気付く。

初めて行く場所の、地図もしかり。

取り出しやすい外ポケットに入れて安心していたが故の、ミスだった。

以降、バッグのチェンジが自分に合っていないのだと決め、「ぱなし」を通している。

その代わりに、「どのカッコにも違和感のない。」

など、チョイスにはそれなりに気を使っているのだ。

「長女だから、何でも持って歩く。

だから、バッグは大きくなきゃ。」

昔読んだ漫画の中の人物の、セリフだ。

何故長女さんが大荷物になるのか納得できなかったが、「持っていない」不安には、漠然とだが共感できる。

けれど、バッグが大きいと「あれも、これも」余裕で入るので、余計に荷物が多くなりそうだ。

なので選ぶ時は、なるべく小振りながらポケットの多い物や、中が細かく仕切られたものを探す。

そして、大前提は、止め口がマグネットでないこと。

だ。

そういうバッグを持っていると、必ず通帳の磁気が弱くなり、その度に窓口で強化してもらわなければならなくなる。

ATMの声のおねえさんに、「この通帳は、お取り扱い出来ません。」と言い切られた時のショック。

両隣の人に聞かれてしまったろうなと、小さくなりつつその場を去る気まずさ。

出来るだけ、味わいたくないものだ。

ので、必ずファスナーで閉じるものを買うようにしている。

「女性がひったくりの被害に」

とは、良く聞かれる有難くない文言だ。

もし私の横をバイクが通り過ぎ、

バッグの取っ手に手を掛けられたら、どうなるだろうか?

と、たまに考える。

大体が二人乗りバイクの後ろの人だと聞くが。

「か、返してーっ!」

と叫ぶ必要が、ないかもしれない。

何故なら私のバッグは、見かけによらず重いからだ。

人様が何気なく持った時に「何これ?何が入ってるの?!」

と、よく驚かれる。

何って聞かれても、あれこれ・・・。

そう、私のバッグは、バイクもバランスを失ってよろける程重い、鉛バッグ。

行きつけの美容院で、「お荷物お預かりします。」と言われて渡すとき、申し訳ない程に。

万が一ひったくられたとして、翌日の新聞にこう載るのだ。

「850円入りのバッグをひったくられたということです。」

価値は、驚くほど軽い・・・・!

んです。

お生憎さま。

|

« 黒髪の弾け美女 | トップページ | 残   暑   用 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バ  ッ  グ  考:

« 黒髪の弾け美女 | トップページ | 残   暑   用 »