« かどがとれてま~るく | トップページ | 今日は何の日?フッフゥ~♪ »

南 天 の 木 の 下 で

植木鉢の側の壁に、茶色いものがついていた。

大きさは3㎝弱で、パッと見何かのサナギのよう。

近づいてみると、セミの抜け殻だった。

おぉぉっ!

こ、これは間違いないっ!

何が間違いないかというと、このセミくんが「我が家の植木鉢育ち」ということだ。

先日庭の別の場所でも抜け殻を見付け大興奮していたら、「隣の空地から這い上って来たんじゃない?」と水をさされ、しょんぼり。

しかし今回は、舗装された道路に面した場所で、他に地面は無し。

セミの幼虫君が7年も暮らせる場所は、ここしかないっ!

と、道路脇に置いてある、大きな植木鉢を見る。

ふっふっふっ・・・・。

セミ母さんに産卵場所に選んでもらえた喜びに、一人浸る。

ハッ!

ということは、今年の冬から気をつけなくちゃ!!

全てではないが、毎年土が減ったり元気が無くなった鉢の手入れに、植物ごと鉢から引っこ抜き、土を足したり、根鉢を崩して中に潜んでいるコガネムシの幼虫などの害虫を取り除いたりしている。

その時間違えて、セミくんもやっつけたら、大変だ。

そういえば、セミの幼虫って、どんな姿をしてるんだろう・・・?

母のところに行ったとき、聞いてみる。

ねね、セミの幼虫って見たことある?

あっさりうなずく母。

さすが山形育ちだ。

で、どんなカッコしてるの?

色は?

矢継ぎ早に質問する娘にたじろぎながら、答える母。

私のイメージは、スバリ「カブトムシ」。

幼虫らしい幼虫で、最初は芋虫の形。

そして、さなぎになって初めて、成虫の姿になる。

しかし、違うという。

まず色は、白ではなく、茶色だという。

ほー。

じゃ、カブトムシやコガネムシの幼虫と間違えることないね。

ないない。一目でわかるわよ。

形は?

こんなになってるの。

と言いながら、手首を下に向かって曲げる。

んと、猫背っぽいってこと?

そうそう!

手とか足はついてるの?

うん。

じゃ、猫背っぽいコガネムシの幼虫って感じ?

違うよ。そのまま土から這い出して来るんだから・・・・。

えっ?!

じゃ、抜け殻の(形の)まんま土の下で暮らしてるの?

そうそう!

人様が聞いたら変な問答になっているが、さすが数十年来の付き合いだ。

お互いにちゃんと意味が通じている。

へぇぇ~、知らなかったぁ。

娘の無知さに呆れたろうに、表情に表わさないようにするのは、慣れたものだ。

とりあえず、「有難う母上。」

とお礼を言って帰ってきた。

暑さは変わらないが、夜明けが遅く、日暮れが早くなった。

夏の終わりを告げるセミの声も混じる蝉しぐれを聞きながら、秋を意識するこの頃。

セミ父さん、セミ母さん、頑張れ。

|

« かどがとれてま~るく | トップページ | 今日は何の日?フッフゥ~♪ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南 天 の 木 の 下 で:

« かどがとれてま~るく | トップページ | 今日は何の日?フッフゥ~♪ »