« 涼   み   方 | トップページ | 音楽を  とめないで »

駐  車  場  で

車に乗り込もうとして、足元の光に気付く。

ん?

釘だ・・・・。

何故こんなところに?

もしや、車から外れたのかな?!

サスペンスなどでありがちな、「ブレーキに細工して・・・・」云々などが浮かんだ。

誰かが故意にやったとはさすがに思わないが、緩んではずれたのだとしたら、一大事。

ス、スバルに行かなきゃ!

と、家に戻って電話をする。

すぐに見てくれるというので、恐る恐る出発。

(途中でブレーキが効きにくくなったら、安全な場所ですぐに停車しなくちゃ。)

ドキドキ。

(スバルまで無事に辿りつけるかな・・・・?)

バクバク。

小心者故、こんなときは、うろたえるばかりだ。

何とか無事、スバルに到着。

ホッとしつつ、カウンターに駆け込む。

「これ、落ちてたんですけど、レガシィから外れたんじゃないですかねっ?!」

勢い込んで尋ねるが、受け取った担当者さんは冷静だ。

ネジの頭の裏を指して、言う。

「これは、木などに使うネジですね。

ほら、等間隔に刻まれたのは、滑り止めです。

車に使うものではありません。」

と、きっぱり。

おぉぉ、それなら良かった!

と、胸をなでおろす。

せっかく来たんだから、点検してもらっちゃおう。

と、ずうずうしくお願いしてしまう。

という訳で、無料の自動販売機でおいしいコーヒーを入れてもらって、席に着く。

腰を落ち着けてようやく、ショールームの雰囲気がいつもと違うことに気付く。

あれ、展示車が、一台もない・・・・!

ガラーンとした空間には、会議室の机と椅子で、くつろぎスペースが作られている。

今話題のレガシィ「アイサイト」を見せてもらおうと思ったのに。

外に試乗車があるが、買う訳でもないのにジロジロ見るのには、気が引ける場所だ。

なので諦め、雑誌コーナーから「メンズノンノ」を手に取る。

一度も読んだことがないので、興味があったのだ。

今時の男性は、どんなおしゃれをしてるのかな?

・・・・・・・・。

英国風のおしゃれには、フムフムと素直に頷ける。

どうせTシャツ一枚が福沢さんプライスの、目玉が飛び出るような服ばかりなんでしょ。

という思い込みを打ち砕く「ユニクロ」のページもあって、親しみが湧いた。

が!

り、理解できない・・・・!

と、叫びたくなるようなカッコのお兄さん達が、奇異な(失礼)ポーズをとっているページもいっぱいで、度肝を抜かれる。

顔よし、スタイルよしのお兄さんでも「キメ」られない程の、チンプンカンプンさに、脱力。

じ、じゃ、気を取り直して読み物のページでも・・・。

と開くと、「草食系男子」と「肉食系男子」の比較特集が。

各系統の特徴がイラストと共に提示されている。

今までなんとなくイメージで区別してたので、初めて触れた両者「定義」に頷いたり、驚いたり。

一番意外だったのは、「香り」だ。

それぞれお好みの香水が書いてあり、この頃のお兄さん達は香りにまで気を使っているのかと、驚く。

どっちも私より、ずっとオシャレではないか・・・・!

そして特集は、調査隊の体を張った記事に突入。

3人の美女が、3人組の肉、草それぞれのグループと、別々にコンパをするというものだ。

ワイワイと場を盛り上げるのが上手で、隙あれば押して来る、肉食系。

対して草食系は、淡白で着火に時間がかかったようだ。

各々のペースを貫き、後半にやっとコンパらしく会話が盛り上がる。

(これは、肉食勝利かな?)

と思ったが、意外や意外。

肉食との時間を美女たちは「疲れた」と一言。

付き合うなら楽しい肉食。

結婚は、堅実に草食。

と、総括していた。

ほほー。

ここで面白かったのは、「群」方だ。

度々チームプレーを駆使して、美女達をもてなす肉食系。

対して草食系は、最後まで「個」を崩さない。

これって、野生動物とは反対だよね。

サバンナに君臨する王者ライオンは群で生活しているが、集団で狩りをするのはメスで、ボスは他のオスと協力することはない。

逆に草食動物は、どんな時も群で過ごし、常に協力し合って生きている。

いやいや今日は、面白いこと知ったぞ。

と、大満足していると、名前を呼ばれてハッとする。

車の点検をしてもらってたんだと気付くのに、ちょっと時間がかかる程熱中していたらしい。

一本のネジ

の、お陰だ。

|

« 涼   み   方 | トップページ | 音楽を  とめないで »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 駐  車  場  で:

« 涼   み   方 | トップページ | 音楽を  とめないで »