« う ど ん も し か り | トップページ | ト リ プ ル 効 果 »

無  修  正

とある集まりに参加したお子さんが、カメラを持ってきた。

まだ小学生なのに、なんとアナログの一眼レフ。

お母さんの、お古だという。

ほほー。

(ん?お父さんでなく、お母さん?)

と思ったが、黙っている。

そのお子さんは時間中、お気に入りのシーンがあると、次々にシャッターを切っている。

お母様によると、フィルムの消費量が半端ではないと、苦い顔。

分かる!

私も、父からバカチョンを買ってもらった時のことを思い出した。

小学校の修学旅行に行く時だったと思う。

その頃はまだ、使い捨てカメラという物がなかった。

フィルムの入れ方などを父に教わってからバシバシ撮りまくり、「もっとフィルムを大事にしろ」と注意されたのを覚えている。

一人ほんわか思い出に浸っていると、その子のカメラをめぐる会話が耳に入って来る。

よくわからないが、

「絞りがどうの」とか

「ホワイトバランスがうんぬん」など、

デジカメの取扱説明書で読んだことがあるようなワードが飛び交う。

声の主は、その子のお母さんと、ママ友達。

驚いて、弾んでいる会話に、思わず割って入る。

「ねね、二人ともどうしてそんなにカメラに詳しいの?」

そして、今明かされる、禁断(?)の過去。

カメラの初代持ち主のお母さんは、誰もが知っているフィルム会社にかつてお勤め。

もちろん、カメラ好きからの入社だという。

そこで意気投合したカメラ仲間だったご主人と、ゴールイン。

なので当然、お子さんもカメラ好きという訳だ。

成程ー!

して、もうお一方は?

何と彼女の方は、かつてプロのカメラウーマンとして、活躍しておられたという。

ほほー!

以外というか、良い意味で「男前」の彼女達なら頷けるというか・・・・。

「撮る」

ということに無頓着な私からすると、二人とも別世界のお人のようだ。

こんなに身近にカメラのプロ達がいたとは・・・・。

今度イベントのときに、撮影お願いしちゃおう!

その時は、私のことを美人に撮ってね!

「無理!!」

声を合わせて、言わなくたって・・・・。

|

« う ど ん も し か り | トップページ | ト リ プ ル 効 果 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無  修  正:

« う ど ん も し か り | トップページ | ト リ プ ル 効 果 »