« 三         五 | トップページ | ウスバカゲロウの子 »

い  つ  か  友  に  ・・・

庭に出ている時間が増えるこの季節、憂鬱なことが一つ。

それは、毎年追いかけてくる、蚊だ。

黒とシルバーのしましまのやぶ蚊が集団で取り囲み、隙あらばスッと張り付いてくる。

気付かないうちに赤くなっていることが多いが、相手が暴挙にでるとさすがに鈍い私でも気付く。

いっぱい吸われると、痛みを感じるからだ。

とくに、産卵直前の切羽詰まっている時は、すごい。

チクン。

チューー。

じゃなく、

ブスッ!

ジュバーーッ!

の連続技を繰り出してくる。

じ~~ん・・・・。

と、鈍い痛みで見ると、お食事中の蚊のお腹が、ふっくら膨れている。

あっ!こんなに吸っちゃって!

相手は夢中だし、こちらの動向に気付いたとしても、吸った血で体が重くなっているので動きが鈍い。

ぺちん!

として手を離すと、そこはスプラッタ。

しかし、そうであればある程、達成感。

これで、ボウフラちゃん達の数を減らしたぞ。

という、同じ生きるものとしては、けしからん思いを抱いてしまう。

しかし、去年あたりから様相が変わってきた。

天候不順というか、季節外れの強風がよく吹いたせいか、蚊の出現期間がどんどん短くなっているのだ。

蚊を誘引し、電極で退治するモスキートライトも、微力ながら功を奏したのかもしれない。

以前なら、見かけないのは真冬だけ。

12月でも、食われることすらあった。

そして、しばしの休息期間の後、3月頃からまた戦いが始まる。

という感じだった。

ところが去年は、早々に姿を消し、春も遅くなってからやってきた。

今年は更に遅く、未だに殆ど姿を見ない。

つい条件反射で、窓を開けるとき辺りを確認したりするが、「シーン」。

あれれ?

と、拍子抜けの日々が続いている。

その代わりなのか、今年は毛虫が多い。

あちこちにくっついていて、気付かず接近してしまい「うぁっ!」と飛び退くこと多し。

布団を干しても、取り込むとくっついてくるのには、心底参った。

バサンバサンと念入りに振って、隠れている毛虫を振り落とさなければ取り込めない。

見逃して、畳の上に3匹いたことがあり、うぎゃ~~っ!!

一時トラウマに。

怖くて、布団に入る時も全部ひっくり返し、毛虫が隠れていないことを確認しないと気が済まなくなってしまった。

自然に囲まれていると、いいことの方が多いが、こういうのは困る。

でも、やっぱりここが好きだ。

|

« 三         五 | トップページ | ウスバカゲロウの子 »

生き物」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: い  つ  か  友  に  ・・・:

« 三         五 | トップページ | ウスバカゲロウの子 »