« ちぐはぐカラス | トップページ | 私だけ 黒のみ »

久しぶりのキャベツ

シュークリームを作ろう!

と、本当に久しぶりに思った。

過去何度か作ったが、手間がかかる割に、食べる時はぺロリとなくなってしまい、作る側としてはむくわれない思いがあった。

けれどこの頃よく作るパイと比べても、使うバターの量はそれ程多くない。

池上いちご園の苺もそろそろ食べ納めが近づいてきているし、クリームたっぷり苺シューにしようと、準備する。

そうだ、先日仲間入りしたフードプロセッサーで、ダマにならないカスタードクリーム作りにも初挑戦しよう!

という訳で、調理台の上には、お菓子の本、フードプロセッサーの本が広げられた。

以前の体験をを思い出しながらやるのと、未知の手法に挑戦するのが重なって、あたふた。

生地をオーブンに任せた後、重大なミスに気付く。

慌ててシューの材料の水を、入れ忘れたのだ。

よって、小麦粉の粘りが出ず、生地はオーブンの中でわずかに盛り上がっただけで成長を止め、きつね色のクッキー状のものが出来上がった。

「水50cc」

たったこれだけの水が、どんなに重要な役目をはたしていたかを、痛いほど思い知らされる。

がっかりしながら、、再度トライ。

今度は、ちゃんと膨らんで「やったー!」。

カスタードは、フードプロセッサーのお陰でいつもよりもうんとなめらかに出来上がった。

生クリームを泡立て、苺とカスタードと一緒にシューに挟んで、パクリ。

お、お、おいしぃーーーっ!!

ほっぺたが、落ちそうだ。

お陰で、最初の失敗のショックが霧散。

気持ちに余裕が生まれ、「こっちは、どんな感じ?」と「クッキー」をかじってみる。

サクッ。

ん?

これは、これで美味しい・・・・。

試しに、クリームとイチゴも乗せて食べてみたが、美味だった。

膨らまなかっただけで、材料はシューと同じなのだから当然なのだが。

「リッツ」のしっかりしたバージョンで、小腹の空いたときに良さそうだ。

家族に見つかると、いろいろ言われそうなので、私の隠しおやつにしようと、しまい込む。

シューより、自分の体が膨れそうだ。

|

« ちぐはぐカラス | トップページ | 私だけ 黒のみ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりのキャベツ:

« ちぐはぐカラス | トップページ | 私だけ 黒のみ »