« やりなおせるものなら | トップページ | レイトショー »

硬いのがすき

食べ物全般的に、歯応えのある方が好きだ。

例えば、この時期近所の掘りたてを食べられる、竹の子。

穂先に近い柔らかいところよりも、いぼいぼがある、がっつり繊維の根元方が断然美味しい。

おせんべいも、堅焼き派。

そして、食パンなら耳。

更にハードなフランスパンなら、「たまらん!」という感じだ。

近所に新しいパン屋さんが出来たと知ると、早速偵察に行く。

そして必ず買うのは、フランスパンの仲間。

さすがにプロのお仕事だけあり、「これはちょっと・・・・」というフランスパンに出会うことはまれだ。

しかし、美味しい中にも、より好みのものが当然ある。

前から気にはなっていたのだが、たまたま通った時何故か閉まっているパン屋さんがあった。

情報誌でも度々取り上げられるので、営業はしているものと思われる。

そこは、自家製天然酵母と、国産小麦にこだわったシンプルなパンを作って売るお店。

きっと、噛めば噛むほど味が出る、美味しいパンが沢山あるに違いない。

今朝の新聞に入っていた最新号にも載っていたので、今日こそはと営業時間などをしっかりチェックして出掛けた。

到着したが、お店の間口が狭いこともあり、営業中であるかは車で通った位では分かりにくいことが判明。

やっていたのに、素通りしていたかもしれない。

入ると、ちょっとびっくりだ。

手作りパン屋さんにつきものの、トレーとトングがない。

よく見るとパンはショーケースの中で、カウンターの女性に言って取ってもらう形式らしい。

御挨拶してしゃがみ込み、ガラスに貼りつかんばかりにじっくり見せてもらう。

「クリームパンのクリームは、自家製ですか?」

など、他にお客さんがいないのをいいことに、次々質問してしまう。

お姉さんはその都度、丁寧に答えてくれ、高感度アップ。

「何時頃だと、一番種類が揃いますか?」

空席が目立ったショーケースを見て、つい聞いてしまう。

「普段日だと、午後2時ごろです。」

「土曜日はだしたものから出てしまうので、なかなか種類が揃うということは・・・・。」

「なにぶん一人で作っておりますので・・・。」

と、申し訳なさそうに口ごもるお姉さん。

すぐ隣の部屋では、パンの生地を扱う音と気配。

成程、情報誌に写真が載っていた爽やかイケメンのお兄さんが現在進行形で、頑張っているようだ。

とはいえ、魅力的なパンばかりなので、どれにしようか迷う。

情報誌で取り上げられていた、「店長の趣味バケット」は外せないな。

今日は伊勢神宮のある三重県の小麦粉を使用した、甘味のあるバケット。

それに、スタンダードバケットの2本に、自家製あんが人気のあんパンなどを買って帰った。

早速ご馳走になる。

硬い!

お姉さんも言っていたが、「趣味」の方は皮が厚くて、食べ応えがある。

が、本当に小麦粉の甘さがたって、すごく味わい深い。

お、おいしーーっ!

むしゃむしゃと、とまらなくなる。

細身なので、家族がいなかったらバナナ喰いしたいところなのに、残念だ。

他のパンも、大事に作られたのが分かる、ほんわかしたパンだった。

これはまた行かねば!

今度は、午後2時に焼き上がるクロワッサンをゲットするぞっ!

富里インターからほど近いところにあるので、お近くにお越しの際は寄ってみてはいかがか。

珈琲や紅茶も注文でき、焼き立てを店内で食べられる。

お目当てがあるなら電話して、予約すれば確実。

お勧めだ。

Boulangerie tane(ブーランジェリー たね)

℡0476-37-6099 

11:00~18:30 日曜定休、月曜不定休

|

« やりなおせるものなら | トップページ | レイトショー »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 硬いのがすき:

« やりなおせるものなら | トップページ | レイトショー »