« 石油 マグロ サメ パンダ | トップページ | 意通模綺羅綺羅 »

緊 急 の 練 習

車を運転しなければならない地域で、暮らしている。

そして、致命的な方向音痴。

なので、しょっちゅう悲劇に見舞われる。

「方角的にはこっち」と確信を持って進むが、どんどん寂しい道になっていく。

やっと見付けたコンビニの灯りに、ホッとしてお店の人に尋ねる。

「あのー、ここは何処ですか?」

えっ?!

と、なかなか面と向かって聞かれたことがない質問に、相手も一瞬言葉に詰まる。

一度も聞いたことのない地名を言われ、「国道○○線に出るには、どう行ったらいいですか?」と、質問を変える。

すると、やおら店内の商品を手にとって、めくり始める店員さん。

あ、あの、売り物ですよね・・・。

その地図。

と、すごく申し訳ない気持ちになる。

地図は家にあるので、ごめんなさいっ!

と心の中で謝って、お礼のつもりで飲み物やお菓子などを買って、お店を後にする。

なんてことも、あった。

加えて、距離感覚も、殆どない。

道を尋ね、「500メートル程行くと、見えてきますよ。」

なんて言われると、相手の方を尊敬する。

自分には、絶対にできない表現だから。

距離を数字で表現できない分、目印で対抗するが、それとて何もない田舎道では限度がある。

なんとか距離感をつかもうと、車についているメーターを使うが、運転に集中するとすぐに忘れてしまい、いつも徒労に終わる。

最近テレビのCMで、携帯のGPSを利用して、自動車トラブルの救護に駆けつけてくれるサービスを知った。

おぉ!あれこそ、私に必要なもの!

と、すごく心強く感じた。

今自分のいる場所を説明するのも、すごく下手だからだ。

我が家の保険でも、あのサービス始まらないかな~。

と思っていたら、加入しているジャフがすでに開始していた。

今月の「ジャフメイト」にバーコードがあったので、早速手続きをする。

横道にそれるが、バーコードリーダーって、すごいなぁー!

と思う。

不器用なので、しょっちゅう「タイムアウトです」と言われてしまうが、読み込みに成功すると、あっという間にお目当ての画面が出てくる。

数ヶ月前まで使っていた携帯にはない機能なので、初体験したばかり。

世の進歩に、驚くばかりだ。

ジャフに戻る。

バタバタと要領悪いながらも、手続きは順調に進んだ。

最後の画面に、「電話して、電話番号を伝えましょう」というメッセージが出たので、「これが仕上げなのね」と、言うとおりにした。

すると、女性のオペレータさんがやや緊張した声音で「どうなさいました?」と聞いてくれる。

「あのー、GPSの登録の途中でー、ダイヤルする画面が出たので・・・・。」

係の方に代わってくれ、事情を話すと、「本当の緊急ではなく、テストですね?」と言われてしまう。

「い、いや。

そんな大それたつもりでは・・・・。」

と、しどろもどろに。

やはり、救援受付センターに電話してしまったようだ。

勘違いから、緊迫した現場とのやりとりをお仕事にされているオペレーターさん達にご迷惑をかけてしまい、申し訳ない気持ちで、いっぱいになる。

「ちなみにお客様の現在位置は、富里市ですね?」

と、ズバリ。

「は、はいっ!」

「ちゃんと登録されてますので、大丈夫ですよ。」

「次回本当の緊急の時は、登録画面からすぐこちらに繋がって、位置も確認できますから、ご安心ください。」

と優しく言われ、ホッとする。

有難や、ジャフさん。

会員で登録がこれからの方、くれぐれも私のようなお間違いをなさいませんよう。

|

« 石油 マグロ サメ パンダ | トップページ | 意通模綺羅綺羅 »

」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 緊 急 の 練 習:

« 石油 マグロ サメ パンダ | トップページ | 意通模綺羅綺羅 »