« 雲 の 上 の 人 々  | トップページ | パ ー フ ェ ク ト ! »

あったかい神様

今年も、初詣に行かなかったな。

「も」を、かれこれ20年近く連続して使っている。

成田山まですぐどころか、毎日参道の入り口まで行っているのにもかかわらず、神様へのご挨拶をせず素通りするという、罰当たりもいいところ。

しかも行かない理由は、ものぐさ以外の何ものでもない。

混んでいるから。

というのが、行くことを躊躇させる、一番大きな理由だ。

次に、「駐車場がないから。」もしくは「あっても、遠いし高いから。」。

その近辺は初詣の時期になると、ちょっとした空きスペースも「有料駐車場」と化す。

入口には、旗などを持ったおじさんが、「こっち、こっち!」と派手なアクションで誘いこもうと、待ち構えている。

手書きの看板には、時間と料金が。

当然新勝寺に近い程、値段が上がっていくのだが、「もっと近くに安いところがあるのでは?」という欲で進み、結局止まれなかった。

という、自業自得のしっぺ返しを幾度か経験し、すっかりトラウマになってしまった。

庶民の味方、公営駐車場もあるのだが、当然競争率がただ事ではない。

駐車場に入るために待つ車の列が、隣接する51号線の一車線を塞ぎ、大渋滞する程だ。

んじゃ、混雑を避け、も少し後に行こうか。

などと言っているうち、節分が近づく。

テレビでも流れるが、毎年成田山では、歌舞伎役者さん、お相撲さんに、大河ドラマの出演者さん達がきて豆まきをするので、更なる大混雑に。

それが終わると、「梅まつり」と、行事が目白押し。

ものぐさがつけいる隙など、これっぽっちもないのだ。

すっかり根負けしている側からすると、「その気でないなら、およびじゃないよ」という感じの敷居の高さを感じる。

しかし、こんな我が家にも転機が訪れる。

昨年生まれて初めて、伊勢神宮に参拝するという希望をかなえることが出来たのだ。

そこで頂いてきた、神宮大麻。

以降は、「その分こちらから神様にご挨拶させて頂こう。」

と、朝夕手を合わせている。

しかしこれとて、本当は年が明けたら新しいものにしなければならないはず・・・。

お伊勢さんまでそう簡単には行けないし、どうしよう・・・・?

そう思いつつ、毎日パンパン。

ある朝、参拝の折りにお世話になった神宮会館から、メールが。

そこにお札の記事があったので、思い切って相談してみようと、受話器を取った。

すると、「そういうことなら、神宮司庁へ」と、連絡先を教えてくれる。

電話に出た方に事情を話し、「近所でお札を頂けるところはないでしょうか。」と聞いた。

すると、「神宮大麻」は、こちらでしか頂けないとのお答え。

けれど、次のお言葉に、はしたなくも「ほ、本当ですかっ?!」と喰らいつく。

「神宮大麻は、次の参拝までそのままお祀り頂けますよ。」

よ、よかったぁぁ~~~っ!!

ということで、天照大神様。

これからも、どうぞよろしくお願い致します!

パンッ!パンッ!

|

« 雲 の 上 の 人 々  | トップページ | パ ー フ ェ ク ト ! »

神秘」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あったかい神様:

« 雲 の 上 の 人 々  | トップページ | パ ー フ ェ ク ト ! »