« 鬼コーチの目にも なみだ | トップページ | 損        得 »

あ い の か た ち

ドックン、ドックン・・・・。

真央ちゃんの演技が近づくと、胸が苦しい。

ライブなので、今この瞬間、真央ちゃんはどんな気持ちでいるのか。

などと考えると、余計に心拍数が上昇。

オリンピック史上初めて、真央ちゃんが女子ショートプログラムでトリプルアクセルを決めた。

高得点が発表され、驚きと歓声が会場から全世界に広がる。

が、次の瞬間、ヨナちゃんがショート女子最高得点をたたき出し、もう一つの歓声が沸き上がる、怒涛の展開。

「パーフェクト」と、満足の微笑みを浮かべる真央ちゃん。

しかし、それなのに、2位・・・・?

が、この結果は真央ちゃんサイドには想定内だったようで、ホッとする。

明後日のフリーに向け、「フリーの演技に気持ちを切り替えます」と輝く瞳で、きっぱり言い切る。

午後のワイドショーは、この結果分析で持ち切りだった。

分からないでもない。

ヨナちゃんの点数が出た瞬間、私もつい心の中で叫んでしまった。

もちろん、素人の言いがかりでしかないのだが、

「世界は、ヨナちゃんに甘い」

と。

「ミヤネ屋」では、番組全体が、かなりうろたえていた。

ありったけを出せても、ヨナちゃんにかなわないなら、フリーは・・・・・・。

司会の宮根さんの興奮が感染したのか、コメンテーターの女性が暴走し始める。

真央ちゃんを「赤ちゃん」とし、ヨナちゃんが対照的にお色気で審査員を魅了したなどと言い放つ。

加えて、一つのプログラムを滑り込むヨナちゃんと、常に上を目指す真央ちゃんを比較し、どちらが選手としてどうなのか?

と答えようのない質問を、解説の村主さんにぶつけ、困らせる。

最初は、「真央ちゃんは大丈夫」という答えが欲しかったのに違いないが、ヨナちゃんの方が優位なら、希望を持たせるようなことしないで!

というニュアンスのもの言いに、変わって来た。

だれか、おばちゃんのネガティブトークを止めてぇな!

これではいけないと、我に返った宮根さんが、強引に次のコーナーにもっていく。

他の選手の話題を掘り下げようとしたら、「まだスケートなの?」とぼやくおばちゃん。

真央ちゃんのことを心から応援してるからこその、御乱心なのだろうな。

ともかく、みんな頑張れ!

明後日が、楽しみだ。

|

« 鬼コーチの目にも なみだ | トップページ | 損        得 »

スポーツ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あ い の か た ち:

« 鬼コーチの目にも なみだ | トップページ | 損        得 »