« ボックスでやって | トップページ | 鬼コーチの目にも なみだ »

駆けろ!サバンナを

母の2匹のチワワに、お洋服でも買ってあげようかな。

と、ペットショップに行った。

折しも、ウィンターバーゲンの真っ最中。

人もペットも、同じだぁ・・・!

「ペットブーム」と呼ばれていた波が成熟し、すっかり世に定着しているのに驚く。

大型犬から小型犬用まで、色とりどり。

迷うどころのレベルではない。

えっと、SSは・・・・と。

あっ、これ、かわいいっ!

手にとって見ると、なんだか小さく見える。

ボンレスと、プリマ、こんなに小さいの着れるかな?

ハンガーを戻して、先日抱っこした2匹の感触を思い出す。

行くと大歓迎で迎えてくれる2匹は、先を争って「抱っこ!!」とせがむ。

いつも、年長者のボンレスの顔を立て、先に抱き上げる。

ん?

ちょっと重くなったぞ。

また、おいたしたな。

と、体重の変化で会わなかった間の生活を、予想できる。

ボンレスのお嫁さんとしてやって来たプリマは、小食で食べるのが遅かった。

フードをポリポリするのに疲れると、エサ入れから離れてしまう。

そこを、ガッツいたボンレスがすかさずアタック。

いつも、餌を横取りされて、ガリガリに痩せていたプリマ。

よって、ボンレスと同じつもりで抱き上げようとすると、勢いが余って腕がヒョイと顔まで持ち上がってしまうほどだった。

しかし控えめで食べることに執着しなかったプリマが、豹変。

餌を横取りしようとするボンレスを激しく追い返し、それでも取られてしまうとムキになって追いまわずまでに。

同時に、ボンレスの特等席だった母の膝の上を独占。

2匹の上下関係は、見事に逆転していたのだ。

恒例の抱っこ体重チェックは、ヘタをするとプリマの方が重い時すらあるように。

態度だけでなく、体重までどっしりとしてしまった、プリマ。

華奢で、与えた餌を全部食べるとホッとしていた頃が嘘のように、重量級に変貌していたのだ。

長い巻き毛で隠れて太っているように見えないが、抱いてさわさわすると、旅館の円筒形枕に、小さな頭がちょこんと乗っている状態にまで体が膨張しいて、驚いた。

確認すると、小食を補うために与えていた高カロリーのチーズを、今だにあげているという。

体が小さなチワワが肥満になると、ただでさえ負担がかかっている心臓や足腰に良くないと聞く。

ということで、「チーズ、禁止!!」

と、母に念を押して帰ったのが、一週間ぐらい前。

まだ、体形変わっていないだろうなぁ。

と、両手で「このぐらい」と、体の太さを再現してみる。

だめだ・・・・。

SSはおろか、Sでもきついかも・・・・。

サイズがあやふやだから、今のプリマには、これしか買ってあげられない。

と、半額になっている、シマウマとヒョウのかぶり物を、手に取る。

どっちに、しようかな・・・・・?

被ったところを、想像する。

すると、頭頂部にホワホワと毛が生えているシマウマのほうが、面白そうだ。

じゃ、これ!

昨日遊びに行ったら、盛りヘアーが全てむしられ、ヨレヨレになったシマウマが、隅っこに。

哀しかった。

|

« ボックスでやって | トップページ | 鬼コーチの目にも なみだ »

ペット」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 駆けろ!サバンナを:

« ボックスでやって | トップページ | 鬼コーチの目にも なみだ »