« 伊     達 2 | トップページ | カモン!グ ル テ ン »

失 念 の 代 償

ピンポ~ン。

は~いとドアを開けると、ご近所さん。

「この間はおいしいものを、ご馳走様でした。」と、わざわざお礼を言いに来てくれた。

そして、「どうぞ」と、お菓子を下さる。

見ると、このエリアでは有名な、超美味品だった。

うわぁ~~!有難うございますぅ~!!

嬉しくなって、歓声プラス、満面の笑みで受け取り、

何度もお礼を申し上げつつ、お見送りする。

ちょとしたものを差し上げただけなのに、高級品を頂くとは、「わらしべ長者」みたい。

と、ホクホク。

早速、家族とご馳走になる。

ん?!ちょっと待って!!

口に入れかけたのを、戻す。

私、今来て下さった方に、おすそ分けしたこと、一度もないよっ!?

なんの手違いか誤解か、我が家にやって来たお菓子。

家族全員食いしん坊なので、もう半分も残っていない。

今にも、「すいません。間違えました。」と、お菓子を引き取りにみえられるかもしれない・・・。

当たり前だが、食べかけの半分を箱に戻しても、遅い。

ど、ど、どうしようっ?!!

家族と共に、顔を見合す。

じゃ、何で受け取ったのか?

と聞かれると、理由はちょっと複雑だ。

お礼に来られた方は、別のご近所さんと共に、度々我が家を訪問する。

お二人とも、役員さんだからだ。

お役目以外でも、そのお二人はとても仲が良い。

別のご近所さんには、確かにおすそ分けをした。

よって、そちらを通して、受け取られたのかと瞬間的に考えてしまったのだ。

しかしもしそうでも、「お礼」を受け取る資格があるのは、「別の」ご近所さんの方で、我家ではない。

超早とちりで、今年一番の大失態。

サザエさんかっ!

と、自分で自分に突っ込む。

あぁ、なんてことをしてしまったの・・・・。

空には、お月さま。

「助けて下さい・・・!」と心の中で泣きつく。

うろたえている場合ではない。

とにかく、お詫びの準備をしなければ。

食べてしまったお菓子の代わりにはとてもならないが、せめてもと家にあったお漬物の詰め合わせを用意し、ご近所さんが引き返して来た時の、準備をして待つ。

しかし、その気配はない。

んじゃ、こちらから。

と、思ったが生憎場所が分からないというか、お顔はよく存じ上げていているが、お名前がおぼろ。

役員名簿を見るが、確信を持てない。

そうだっ!

インターフォンの映像を、役員経験のある家族に確認してもらえばいいんだっ!!

ということで、家族を呼んで、再生画面を呼び出す。

しかし、思いっきり後ろを向いているショットが出てきて、ずっこける。

もう、ダメだ・・・・。

万策尽きて、その場にへたり込む。

直後急用が出来、家族にお詫びの品を託し、家を後にする。

運転中も、頭の中はそのことばかり。

信号待ちで見上げた月が、目に痛いほど輝いている。

慰めてくれてるのかな?

しょんぼりしながらも、フッと和む。

が、その直後、月光よりも蒼いひらめきが、私の中を駆け抜けた。

旦那さん経由だっ!!!!!!

不意に、家族におすそ分けを持たせた光景が、頭に浮かんだのだ。

その家族から、「旦那さんに渡した」と、報告を受けていたのを、すっかり忘れていた。

というか、持たせたこと自体、すっかり頭から抜けていた。

じゃ、あのお菓子は、正真正銘、我が家で頂いていいのね!

よかったぁぁぁぁっ!!

あぁ、お月さま、有難うございますっ!!

今年一番安堵した出来事だった。

すぐに携帯で、家にいる家族に知らせる。

あちらも、電話口でホッとしているのが、伝わって来る。

行きとは真逆の心境で、ルンルンとハンドルを握る。

帰宅し、何気なく、アットニフティの星占いを見てみる。

今日の乙女座。

不注意から物をなくしたり、身近な人との口論を招きそうな一日。忘れ物がないか、これは言っても良いことかと一つ一つの言動に神経質なほどに注意を払ってちょうど良いくらい。気が散漫にならないよう意識してみて。

怖い程、当たってます・・・・・。

|

« 伊     達 2 | トップページ | カモン!グ ル テ ン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コミュニケーション」カテゴリの記事

神秘」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 失 念 の 代 償:

» 面接の服装NANVI〜転職・アルバイト・パート [面接の服装NANVI〜転職・アルバイト・パート]
面接の服装NANVI〜転職・アルバイト・パート [続きを読む]

受信: 2009年12月 7日 (月) 15時11分

« 伊     達 2 | トップページ | カモン!グ ル テ ン »