« アンバランス | トップページ | アイビー狩り »

ど っ ち な の ?

ドラマ「不毛地帯」が、面白い。

一見重苦しく、とっつきにくい印象だが、随所に見どころが散在し、見始めると目が離せなくなる。

見どころはまず、出演者のメンツの豪華さだろう。

数秒のアップしかない役どころにも、味のある実力派を配している。

そういうところからして、単に「現在の人気者」を揃えた豪華さとは一線を画した、本物の豪華さだと思う。

加えて、BGMの壮麗さ。

二つが合わさるとまるで、映画を見ているかのような錯覚にとらわれる。

商社が舞台の中心なので、ダークスーツの集団ばかりのシーンがほとんど。

色に例えると、グレー。

まさしく題名の「不毛地帯」のイメージそのものだ。

それを補うように、出てくる女性が、皆ととびきりの美女ばかり。

サザエさんのフネよりも地味な着物姿が、逆に肌の瑞々しさを引き立てる、和久井映見さん。

泥だらけの手で、乱れ髪をかき上げるお色気、時々大和撫子の小雪さん。

日本の男が不甲斐ないからかっ?!

中国の財閥の第二夫人に納まった、天海祐希さん。

いやいや・・・・。

まさしく、世界に誇れる美、ですな!

と、毎回溜息だ。

次いで、唐沢寿明さん演じる主人公が、内から外から攻められ陥る、絶体絶命のピンチ。

最初はハラハラしていたが、この頃は「さぁ、どう切り抜けてくれるの?」と、ワクワク。

「お手並み拝見」と余裕をかまして見ている。

と言いつつ、世界情勢の変化をよみ、自社の利益を最大限にするためにたてた戦略がどちらに転ぶか分かるまでは、心拍数が上昇しっぱなしだが。

好対照のライバルがまた、かわいい魚人君で、憎めない。

が反対に、その息子は、すんごく憎たらしい。

もし私に娘がいて、そんなのを連れてきたら、唐沢くんと同様、「結婚は許さんっ!」と反対する。

お勧めだが、内容がクールだからか、こちらも次の放送日まで情熱がもたない。

見逃しちゃったら、それはそれでいいか。

なんて思っちゃうのが、このドラマの危ういところ。

だから録画して、2本づつまとめて見ると丁度良い感じだ。

途中から見始めてのめり込めるかどうかは、受け手の経験と感性次第かもしれない。

何故なら、主人公の原点が、終戦からシリベリア抑留時代だからだ。

その部分に共感、または想像力がはたらく世代は、そう多くないのではないか。

「戦争」という時点でもう、人ごとのような隔たりを無意識に感じてしまう自戒を胸に見続けるのも、ちときつい。

といっても、舞台は移り、現在の戦いの場は日本経済だ。

戦争中、参謀を務めた主人公が、その手腕を企業間競争に活かす面白さはとても興味深く、痛快。

テレビ全体が、軽く、中身が薄くなっている時代だから、尚更重い「不毛地帯」。

でも、面白い。

|

« アンバランス | トップページ | アイビー狩り »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ど っ ち な の ?:

» 天海祐希 ドラマ 映画 [新番組ドラマ]
「不毛地帯」 第6回 鮫島サン、面白すぎ ... しかし鮫島サン、黄社長夫人である紅子(天海祐希サン)からやたら嫌われておりまして。 「お見送りありがとうございます」 と手を差し出した黄社長と、壹岐 ... 鮫島、もっと過激に、このクソ真面目ドラマをひっかきまわしてくれ! それにしても ...(続きを読む) ど っ ち な の ? ドラマ「不毛地帯」が、面白い。 一見重苦しく、とっつきにくい印象だが、随所に見どころが散在し、見始めると目が離せなくなる。 見どころはまず、出演者のメンツの豪華さだ... [続きを読む]

受信: 2009年11月21日 (土) 08時31分

» 観月ありさのサザエさんが高視聴率 [速報!芸能ニュース&うわさ話&スポーツ情報]
観月ありさが主演を務めた実写版ドラマ『サザエさん』(15日放送 フジテレビ系)が、20.9 %(関東地区番組平均)の高視聴率を記録したことが16日、ビデオリサーチの調べでわかった [続きを読む]

受信: 2009年11月23日 (月) 13時04分

« アンバランス | トップページ | アイビー狩り »