« 見えないところが すごいんです | トップページ | 伊     達 »

一歩   一歩

家族が、風邪をひいた。

絶食の指示に従わないからか、直りが遅い。

素直な方の家族は、二日間固形物は口にしなかった。

すると体君は、消化吸収のお仕事をしないで済み、侵入してきた外敵をやっつける方に集中できるので、回復が早い。

但し水分は、小まめに、たっぷり摂ることが大事だ。

誰にでも勧められるという訳ではないだろうが。

そうして、発熱から数時間で40度近くまで上昇したが、翌朝には37度代に。

以降、日を追うごとに元気になった。

素直じゃない方の家族は、我慢できず食べてしまう。

仕方がないので、せめてショウガ紅茶をと勧める。

「のどが痛い」

から、始まったからだ。

熱は上がっても37度代だが、一進一退。

日が暮れるに従って元気になり、「明日は行けそうだ」と明るい表情。

しかし朝になるとまた、調子が悪そうだ。

仕事で、嫌なことでも?

と出社拒否を心配したが、そうではないようで、ホッとする。

けれどその状態が変わらないまま、ズルズルと日が経ち、なかなかスッキリしない。

その間ショウガ紅茶を所望され、何度もいれる。

手渡しながら、「食べるからだ」

と、私がしつこく言うので、とうとう根負けしたのか、食事を自分から制限し出した。

それが功を奏したのか、程なくいい方にシフトし始める。

両方の家族を看病して、熱のパターンに遅まきながら気がついた。

ピタッと納まることはあまりなく、一旦下がったようでも、午後になると徐々に上昇。

明け方に下がる。

を繰り返す。

描くカーブの形はだいたい同じで、縦軸の位置が下がり、やがて平熱に落ち着く。

人間の体は、精密だなぁ。

と、改めて思った。

2人とも、お医者さんにはかかっていない。

インフルエンザかも?

という疑念を、「いやいや。本当にそうなら、こんなもんじゃ済まないハズ。」

と、打ち消す。

「軽く済んじゃう場合もあるんだぞ。」

と、別の家族が言う。

むむ。

もしそうでも、

熱が下がってまる二日。

を守っているから、よそ様にご迷惑はかけていないと思う。

お医者様にかからず、お薬も一切使わないで、様子をみる。

という冒険が出来るのは、それまで何度も風邪で寝込んだ様子を見て来たからだ。

風邪の菌は、200種以上も存在するという。

全部ひいてはたまらないだろうが、ひけばひくほど、免疫を獲得して、人の体は強くなる。

だからあるお医者様などは、ご自身が風邪をひくと、「ラッキー!」と思うそうだ。

「どうしてうちの子はよく風邪をひくのかしら?」と愚痴りたくなる親御さんもおられるだろうが、もう暫くの辛抱だと思って、頑張って下さい。

けれどくれぐれも、ご自身のお体も大切にすることを忘れずに。

|

« 見えないところが すごいんです | トップページ | 伊     達 »

健康」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一歩   一歩:

« 見えないところが すごいんです | トップページ | 伊     達 »